逗子・葉山版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

ワカメ生育今年は厳しく 高い海水温影響か

社会

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena
ワカメを刈り取る畠山さん(=先月29日)
ワカメを刈り取る畠山さん(=先月29日)

 春の訪れを告げるワカメの生育に漁業関係者が気をもんでいる。海水温が高く、なかなか育たない状況で、緑のカーテンと呼ばれるワカメ干しが見られるのはもう少し先になりそうだ。

 関係者によると昨年12月時点の海水温は例年より2-3度高かった。そのため一度種付けをしても腐ってしまうほか、アイゴなどの魚が芽を食い荒らすことが原因と考えられるという。
 

葉山の漁業協同組合では、芝崎にある民間の研究所と葉山産天然ワカメの「種(配偶体)」を使った葉山ブランドワカメの養殖試験を行っている。試験は、海水温が高い年に育ったワカメの種を用いたものであり、水温変動とワカメの生育データを分析している。
先月29日には、この養殖試験を行っている漁師、畠山晶さんが収穫作業を行った。従来のワカメはほとんど魚に食べられてしまったが、1月に種付けした葉山ワカメは最大で1mほどに生育していた。「将来、海の温度が高くなり、ワカメが育つか心配だが、この技術で葉山ブランドのワカメが養殖できると助かる」と笑顔で語った。

ワカメは数量限定で毎週土曜と日曜、午前9時から午後3時までにオープンする漁協直営の直売所(葉山町堀内50の20)等で販売される。3月14日(土)に予定されていた「真名瀬朝市」は中止が決定した。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook