逗子・葉山版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

レジ袋有料化の効果調査 市民グループがアンケート実施

社会

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena
報告書を手にする緑川さん
報告書を手にする緑川さん

 昨年7月から全国一斉にスタートしたプラスチック製レジ袋の有料化。海洋ごみや地球温暖化といった地球規模の課題を身近な消費行動から変革していこうと環境省が旗振り役となって推進している。

 では、実際どのくらいの効果があったのか。そんな疑問に答えようと、逗子市プラごみゼロ活動を進める会(緑川芳樹代表)が市内すべての商店街の協力を得て約170店舗でアンケート調査を実施。その結果、辞退率は76%となる結果を先月発表した。

 代表の緑川さんが発起人となり、逗子ゼロ・ウエイストの会のメンバーや市民ら6人が集まり、結成した同会。緑川さんは行政職員を経て、国内における環境報告書、企業の社会的責任(CSR)、社会的責任投資(SRI)等の動きを市民団体として主導する取り組みに携わったほか、行政と企業、消費者が一体となって環境配慮型製品の市場の開発を促し、持続可能な社会づくりを目指す「グリーン購入ネットワーク」にも参画してきた経歴を持つ。

辞退率76%

 無料化実施から3カ月が経過した昨年9月下にかけてアンケート調査を実施。有料化後の削減率を消費者の辞退率で計測した。

 集計結果によると、有料化以前は約20%の消費者がレジ袋を辞退していたが、有料化後はプラスチック製が76%、紙袋は52%にのぼった。緑川さんは「こうした実態調査はあまりないと思う。今後の参考になれば」とその意義を語る。

 また、買い物袋を持参するなど、レジ袋削減に積極的な市民が多いことが分かった一方、商店の対応策も明らかになったという。

 プラスチック製レジ袋の値段は大きさにもよるが1円から50円と幅広く、扱うサイズは多くが2種類で最大5種類用意している店があったほか、紙袋や有料化対象外となるバイオマス25%以上含有のポリ袋などを用意している所もあった。辞退率では、98%以上が5店舗あり、そのうち2店舗が「レジ袋を用意していない」と回答。「まさにプラごみゼロのモデル店で、こうしたお店があることに驚いた」と緑川さんは語る。

 各店舗に有料化に対する意見もヒアリング。69%が「良い取り組み」と回答し、15%の商店は「仕事が増えた」と答えた。自由記載欄にも多様な声が寄せられ、「お金の問題ではなく、環境への意識が高まれば」といった声のほか、「レジ袋を有料化してもごみの削減にはならないとお客様にお叱りを受けることも度々あります」という所も。

 緑川さんは「スーパーや100円ショップでポリ袋が売れている現実にも目を向けないといけない。しかし、レジ袋削減はプラごみゼロへの第一歩」と強調。「アンケートの協力要請から、配布、回収まで6人で回るのは大変だったが、どのお店も協力的でデータが集まり良かった。今後は、ペットボトルの問題に取り組んでいきたい」と語った。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月6日~16日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

逗子市内の中止イベント

逗子市内の中止イベント 社会

緊急事態宣言受け

8月6日号

音色と想い きかちゃんに届け

音色と想い きかちゃんに届け 文化

地元有志がチャリティーコンサート

8月6日号

助成事業の募集開始

葉山町社協

助成事業の募集開始 社会

年末たすけあい運動

8月6日号

宣言発出で海水浴場休場

逗子葉山

宣言発出で海水浴場休場 社会

浜での飲酒禁止呼びかけ

8月6日号

8月7日に無料ライブ配信

和・洋融合した創作舞台

8月7日に無料ライブ配信 文化

8月6日号

学校生活の一コマ募集

鎌倉学園

学校生活の一コマ募集 教育

記念誌製作向け掲載写真

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年8月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter