逗子・葉山版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

全国初 逗子で認知症予防事業 血液検査活用 未病推進の県も後押し

社会

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 血液検査で軽度認知障害のリスクを測定し、予防事業の効果を測定する日本初の実証事業が来月逗子市で行われる。関係者は「データを活用することで、認知症予防策の発見や普及に繋がれば」としている。

 実証事業を行うのは、株式会社MCBI。筑波大学の内田和彦准教授=写真=らが立ち上げたベンチャー企業だ。同社は、自社開発した軽度認知障害(=認知症予備軍、以下MCI)を早期発見する血液検査を全国の病院で提供しており、今回はこれを活用。脳トレや運動、音楽療法など、現在様々なメニューがある予防事業の効果を測定する。

進行ゆっくり

 認知症患者は2025年には700万人を超えるとされ、その予備軍であるMCIの人も同じ様に増える。根治薬がなく、ゆっくりと症状が進むため「早期発見・早期治療」が重要だ。

 「人と会う約束を忘れたり、家電製品の操作にまごつくことが増えるなど、年をとったからと放置しておくと、5年で半数程度が認知症になるというデータもあります」と内田さん。しかし、早期の生活習慣改善や行動変容ができれば、健常状態に戻れるという。「誰もがリスクを持っていると知ることが改善に繋がる。そのためのデータを示したい」と語る。

 今回の事業には「未病」の普及で健康寿命の延伸に取り組む神奈川県も協力。県医師会の了解も得て、4月下旬から逗子市内で行う予定。採血は7ccと微量で、分析・評価は慈恵医大が行う。検査については、【メール】https://mcbi.co.jp/へ。事業の詳細や参加募集については当紙3月19日号、ならびに市広報4月号などで発表される。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

東逗子にハロウィーン空間

東逗子にハロウィーン空間 社会

31日にはイベントも

10月22日号

地域貢献の形を議論

新規事業のアイデア構築

新規事業のアイデア構築 経済

中小企業の後継ぎ対象に

10月15日号

近代別荘建築の価値を知る

近代別荘建築の価値を知る 文化

葉山で文化財講演会

10月15日号

5人が出馬の意向

衆院選神奈川4区

5人が出馬の意向 政治

県内屈指の激戦区に

10月15日号

執筆重ね節目の100号

執筆重ね節目の100号 文化

エッセイ集「マグノリア」

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook