逗子・葉山版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

葉山町広報紙 性のあり方特集で栄冠 県コンクール最優秀賞

社会

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena
広報紙を持つ河野さん
広報紙を持つ河野さん

 葉山町が毎月発行している「広報葉山」12月号が神奈川県広報コンクールで最優秀賞を受賞した。3年連続、直近7年間で6回目。担当職員は「より広範なテーマをわかりやすく町民の皆さんに伝えていきたい」と意気込みを新たにしている。

 入選した12月号では、「性のあり方を考える」と題した特集を掲載。葉山町が昨年7月から「パートナーシップ宣誓制度」を開始したことを受け、テーマにしたという。記事では制度の趣旨説明のほか、日常の何気ない言葉使いの振り返り、当事者のインタビューを掲載。担当した政策課の河野香織さんは「自分事として躊躇せずに具体的な行動に繋げられるようメッセージを込めた」と語る。

 講評では、「時代にかなった内容で意欲的な取り組み。自分が住んでいる町が、多様性を尊重していることを示すことは、当事者にとって大きな安心感につながる」と評価された。全国広報コンクールに推薦されており、その結果は6月頃に発表される。

多様性問う上映会

 「LGBTQ」や「性的マイノリティ」という言葉が浸透してきた今、当事者たちの声を丁寧に聞き、多様性の意味を問いかけるドキュメンタリー映画『であること』の上映会が逗子市の映画館シネマアミーゴで行われる。

 「情熱大陸」などこれまで数々のドキュメンタリー番組を制作してきた和田萌さんが監督を務め、テレビやCMの海外ロケコーディネーターなどを行っている西山ももこさんがプロデューサーを務める。

 「インティマシー・コーディネーター」の資格を持つ西山さん。テレビや映画における、いわゆる「濡れ場」の撮影現場で制作と俳優の仲介を行う職種でハリウッドなど欧米では広まっている。国内で資格を持っているのは西山さんだけという。

 映画製作のきっけも、撮影現場で感じた違和感だった。「ある番組の編集会議で『ゲイの話は触れられない』という言葉に強い違和感を持った。性的マイノリティと一括りにされている人たちは本当のところどう思っているのかにスポットを当て、多くの人に届けたいと思った」と振り返る。西山さんたちは自主上映の費用を集めるクラウドファンディングを実施し、上映会を行っている。知人の紹介や逗子市がパートナーシップ制度を導入したことなどを知り、シネマアミーゴを会場に選んだ。

 入場無料で1ドリンクオーダー制。上映は3月6日(土)午後5時30分、7日(日)午後3時、10日(水)午後0時30分、11日(木)午後3時、12日(金)と13日(土)は午後5時30分スタート。上映時間は94分で各回とも定員15人。予約はシネマアミーゴまたは西山さん【メール】being.dearukoto@gmail.comへ。
 

葉山つつじカードが届きます!

6月1日から取り扱い店舗で使えます

https://hayama.yomsubi.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

那須町と友好都市協定

葉山町

那須町と友好都市協定 社会

御用邸が縁で交流促進へ

5月14日号

「スマイル」も接種会場に

逗子市

「スマイル」も接種会場に 社会

6月2日から運用開始予定

5月14日号

ワクチン接種リハ実施

逗子市

ワクチン接種リハ実施 社会

本番向け課題を抽出

4月30日号

ワクチン接種に無料バス

葉山町

ワクチン接種に無料バス 社会

利便性と接種率向上目指す

4月30日号

10施設で再生エネ導入

逗子市

10施設で再生エネ導入 経済

脱炭素社会へ本腰

4月16日号

「総合型クラブ」設立へ

葉山町体育協会

「総合型クラブ」設立へ スポーツ

体制強化へ法人化も視野

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter