逗子・葉山版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

逗子市 土砂災害予兆検知へ実験 地元・高幸建設らが協力

社会

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena
子機を設置している様子(高幸建設(株)提供)
子機を設置している様子(高幸建設(株)提供)

 逗子市内で頻発する土砂災害。その被害軽減や未然防止につなげようと、市は民間企業の協力を得て実証実験を行っている。

 事業を担うのは、高幸建設株式会社(逗子市桜山4の7の5、岡川直代表取締役)。インフラ整備事業を柱に、市内で発生したがけ崩れ等にいち早く駆け付けて対応に当たるなど、災害復旧工事も行っている。

 今回は慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス発で、IoTとAIの高い技術力を生かしたハード/ソフトウェアを開発しているアイ・サイナップ株式会社(東京都)とタッグを組んだ。同社は鉄道や高速道路におけるのり面監視などで実績があり、連携先を模索していた岡川代表が声をかけて実現した。

 10月15日には、土砂崩れが発生した池子の森自然公園内のり面に、加速度センサーと通信機能を持ったアイ・サイナップ社の「ミテテル傾斜計2」を設置した。前後左右の衝撃や傾斜の発生を感知した際、携帯通信網(4G)を通じてクラウドにデータが届き、いつ・どこからでも確認できるほか、登録者へメールでの通知も可能。また土中水分センサーを搭載しているのも特徴だ。同社IoT推進本部本部長の緒方秀俊さんは「地表の変化をいち早く伝えるだけでなく、土中水分量と傾斜の変化の関係を探り、予兆検知につなげたい」とする。

 岡川さんは「のり面保護工事には莫大な費用が掛かり、民有地での対策が進まないのが課題。安価で継続的な監視体制を作ることができれば、市民や自治会単位で対策が取れるようになる。安心安全な地域づくりの一助になれば」とし、「逗子モデル」の確立に意欲を示した。

「ミテテル傾斜計2」を持つ岡川社長(左)と緒方さん
「ミテテル傾斜計2」を持つ岡川社長(左)と緒方さん

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

アカペラと和太鼓がコラボ

アカペラと和太鼓がコラボ 文化

2月、ワークショップも

1月21日号

シェアサイクルの感想募集

池田通りでお得に買い物

池田通りでお得に買い物 経済

「プレミアム商品券」販売中

1月21日号

小坪に車中泊スペース誕生

小坪に車中泊スペース誕生 経済

試行的運用開始 活性化目指し

1月21日号

春告げる「わかめ干し」体験

春告げる「わかめ干し」体験 社会

市観光協会らが参加者募集

1月21日号

「アマモの苗大きくなあれ」

「アマモの苗大きくなあれ」 教育

一色小で環境授業

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook