神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
逗子・葉山版 公開:2024年4月12日 エリアトップへ

ビーチキャンドル 葉山に新たな観光資源を 森戸海岸で初開催

文化

公開:2024年4月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
チラシを持って企画をPRする沼田代表
チラシを持って企画をPRする沼田代表

 今年度、町制施行100周年を迎える葉山。これを機に市民レベルで町の新たな観光資源を作ろうと、(一社)LOCAL INNOVATION(沼田宏之代表理事)は5月18日(土)、森戸海岸で「Hayama Beach Candle 2024」を初開催する。

 同法人は2015年から逗子海岸でビーチキャンドルイベントを行ってきた実績があり、昨年10月の開催では2万4500人を集客した。

 葉山在住の沼田代表は「今までも地元で行う機会をうかがっていた。町制100周年記念事業のイベントとして、このタイミングだと思った」と開催を決めた。

 「葉山には全国区の特産物や、唯一と言えるような観光資源がない」ことから、町民参加型で地域のイメージやブランドをより具体的に発信することで、葉山町を知ってもらう狙いがある。「地元愛が深まり、地域貢献への行動にもつながり、結果として経済社会の発展にもなる」と期待感をにじませる。

 場所は森戸海岸の森戸大明神側のエリア。5000本のキャンドルを灯し、縦2メートル、横5メートルほどの100周年記念ロゴマークと、ヨットの絵柄などを表現する。

 当日のキャンドルアート作成は午後2時から、点灯は4時30分から行う。作成と点灯については「多くの町民の方々のご協力が必要です。事前登録の必要はないので、多目的ライターを持ってご参加ください。一緒に新しい葉山の観光資源を作りましょう」と呼びかける。

 また、キャンドルアート以外も楽しめるように、地元の「おせっかい食堂」「カフェ マニマニ」など、7店舗の飲食店がブースを出し、イベント会場を盛り上げる。

 さらにキャンドルで囲んだ舞台も設営され、サルサダンスや葉山町制100周年記念ソングを歌う地元アーティスト・テミヤンさんのステージが披露されるほか、100周年PR大使のミューシーも登場する。

協賛企業を募集

 同法人はビーチキャンドルを一緒に盛り上げる協賛企業を募集している。社名やロゴ入りのオリジナルキャンドルカバーを1個1000円で、100個以上から作ることが出来る。

 問い合わせ、申し込みは同法人【メール】info@localinnv.com

昨年の逗子ビーキャンドル
昨年の逗子ビーキャンドル

逗子・葉山版のトップニュース最新6

家計負担の支援、市に要望

逗子市内フリースクール

家計負担の支援、市に要望

3団体で協議会立ち上げ

5月24日

藻場の再生で連携

三浦半島4市1町

藻場の再生で連携

日テレ参画で活動後押し

5月24日

「自然知るきっかけに」

逗子在住監督作品

「自然知るきっかけに」

磯焼け問題に迫る

5月10日

建長寺に「さわる模型」

建長寺に「さわる模型」

葉山町・大下さんが夢叶える

5月10日

1600年前のロマン解禁

長柄桜山古墳群第一号墳

1600年前のロマン解禁

整備完了、式典に180人

4月26日

未来に残す文化資源

逗子文学年表

未来に残す文化資源

有志が調査、編集

4月26日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook