藤沢版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢市職員塩沢功さん 病と闘い 北岳に200回 「一生登り続けたい」

社会

喜びを全身で表現する塩沢さん(中央・写真提供=本人)
喜びを全身で表現する塩沢さん(中央・写真提供=本人)

 難病のパーキンソン病を患いながらも、北岳登山に挑み続ける塩沢功さん(64)が9月15日、200回目の登頂に成功した。診断を受けて8年、病の進行や年齢による体力の衰えを感じながらの挑戦だった。

 北岳(南アルプス市)は、標高3193mで富士山に次ぐ日本第2の高峰。塩沢さんは44歳の時の初登山以来、繰り返し山頂を目指し北岳に挑戦し続けてきた。

 ところが2001年頃から手の震えや疲労感などの不調を感じ始め、04年56歳でパーキンソン病の診断を受けた。「もう登山ができなくなるのか」とショックを受けたが、投薬治療が功を奏し症状が安定。半年ほどで登山を再開することができた。その後も医師の指導を受けながら北岳に登り続け、05年に100回目の登頂に成功。「70歳までに200回」を目標に、登山シーズンが訪れると毎週のように北岳に挑んできた。

 塩沢さんは「今は良い状態で安定している。健康管理や体力維持も登山のモチベーションで、登っている時の方が調子いい」と語る。

 パーキンソン病は手足の震えや動作の不自由さなどの症状を持ち、完治の難しい病気。症状は個々で異なり、投薬などの治療の効果も個人差がある。

「一山百楽」の魅力

 4年前に市職員を定年退職。現在は再任用職員として市土木維持課に勤める。難病を抱えながら仕事と登山を両立してきた。「登れる限り、一生北岳に登り続けたい」と語る塩沢さん。

 200回登頂達成後の9月22日には、201回目の登山に成功。近年、一山百楽という言葉を強く感じると話す。「山頂直前では富士山と北岳という全国一、二の雄大な頂が一望でき、植物は登るたびに力強い生長を見せる。北岳の魅力はあまりにも偉大」と、ひとつの山が見せる様々な魅力を追って、これからも北岳に登り続ける予定だ。

 大きな目標として300回は意識するも、今後は「回数にこだわることなく、普通の登山者として登り続けたい」という。200回登頂を前に購入した一眼レフカメラを下げ、キタダケソウなどの高山植物の観測や記録にも精を出す。

 また、塩沢さんは多くの登山家や研究者が探す幻の花・ヒメヤナギランの探索も行っている。日本では北岳で報告例があるが、具体的な場所は謎に包まれている。「人が入れない場所に咲いているのかもしれない」と望遠レンズも購入し、発見に意欲を見せる。

 202回目の北岳への挑戦は、来年6月の予定だ。
 

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク