藤沢版 掲載号:2013年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

耳から聞く図書館 声の本 届け続け40余年 蔵書は1600作品以上

代表の水野さん(前列右から2番目)と勉強会に出席した会員
代表の水野さん(前列右から2番目)と勉強会に出席した会員
 10月27日(日)から秋の読書週間が始まる。市内には視覚障害者のために録音図書を作成・無料貸し出しを行っている「NPO法人耳から聞く図書館」(朝日町9の4朝日ビル3階)という団体がある。その活動は40年以上、蔵書数は1600作品を超えた。

 約40年前、夏の炎天下、市内の視覚障害者の家を一軒一軒訪ね歩いたのが、創設者の水野ミツヱさんと西條節子さんの女性2人。水野さんは、4人の子どもを育て独立させた後、「今世の中で一番困っている方々のお役に立つ活動をしよう」と、当時市議会議員を務めていた西條さんに相談したという。市内に点字図書館ができる前、視覚障害者のために、テープの貸し出しだけでなく交流会なども開くなど、先駆的な活動を行った。

 その意思を引継ぎ、現在理事長を務めているのが息子の水野節彦さん。元NHKアナウンサーで、現役。声で伝えるプロだ。事務所を開くのは火曜日と金曜日の週2回。水野さんは朗読勉強会の講師として月に1度、会員に自身の経験を伝えている。ポリシーは、相手の立場に立ってやること。「朗読は簡単なようで難しい。利用者にとって分かりやすいように、本に書いてある通りに読んで下さいと話している」という。

 勉強会は、言葉のアクセントや文章の意味まで細かく指導する。「厳しいかもしれないが、みなさん少しずつ上達している」と笑顔を見せる。

 これまで会員が声を吹き込んだ蔵書は、1600作品以上に及ぶ。水野さんは「すごいこと。みなさん元気で頑張っている。これからは、若い人たちに引き継ぐことを視野に入れながやりたい」と話した。問い合わせは、水野さん【電話】0466・87・3992へ。

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク