藤沢版 掲載号:2018年4月27日号
  • LINE
  • hatena

「市P連」解散し新組織 保護者の負担軽減へ

教育

 藤沢市PTA連絡協議会(市P連)が3月末で解散し、6月に市内の全小中特別支援学校の保護者と教職員が参加する会が、新たに発足することが明らかになった。保護者の負担軽減を図りながら、相互に交流できる場を目指す。

 昨年度、市P連に加入していたのは、市内の小中特別支援学校全55校中の12校。各PTAから協議員を選出し、組織の運営や、団体間の情報交換、学習会や講演会などを企画してきた。

 しかし近年、共働き世帯の増加などの背景から各校のPTA活動に加えた市P連の活動を負担に感じる保護者が多く、退会する学校が増加。さらには複数人で代表を務めるPTA組織や、PTA自体がないケースもあり、未加入のままの学校もある。

 そうした現状を踏まえ、市P連は月1回開催していた運営協議会を、必要なときだけとし、また参加者の都合に合わせて、夜、平日昼、休日など、開催時間も毎回変え、減少に歯止めをかけてきた。

 さらに加入していない43校にも事業への参加の呼びかけを行ってきたが、根本的な改善には結びつかなかった。前会長の古谷泰三さん(51)は、「未加入校のPTA関係者が情報交換会に参加すると、『他校の情報が得られて有意義だった』と言われる。ただPTAの役員は単年度で活動するケースが多く、次年度の加入につなげることは難しかった」と状況を説明する。

 市P連は、加入校を増やすよりも、「藤沢市すべての保護者と教職員がつながれる場を作るべき」と判断。昨年12月の理事会で決定し、3月末で解散した。県内のPTA協議会では、初のケースとなる。

「緩やかなつながり」目指し

 6月に誕生する「藤沢の子どもたちのためにつながる会」は、市P連の元メンバーが検討会を発足。全55校の保護者と教職員が参加し、興味のある活動に参加できる「緩やかなつながり」を目指す。保護者に運営に関わる役割分担などは原則なく、選考委員により選ばれたサポートスタッフが事業などを検討するとしている。

 今年度は6月9日(土)の設立総会のほかに、情報交換会や、保護者と教職員の交流会、講演会などが予定され、平日のほかに土曜日にも開催するという。

 また全保護者への通知は、学校を通じての連絡や、今後はメーリングリストなども活用。これまで県PTA協議会として加入していた、子どものけがや事故賠償に関する団体保険は、脱退に伴い対象外となるが、同会でほぼ同じ内容の団体保険に任意で申し込むことができる。

 同検討会では、「保護者への負担がなく、全校が緩やかにつながり、参加してよかったと言ってもらえる会を目指したい。男性にも積極的に参加してもらえたら」と話している。

藤沢版のトップニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

学び、体験、楽しさいっぱい

学び、体験、楽しさいっぱい

3月3日 藤沢宿まつり

3月3日~3月3日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月1日号

お問い合わせ

外部リンク