藤沢版 掲載号:2018年7月13日号 エリアトップへ

市民病院 整備工事が完了 免震構造、外来機能も集約

社会

掲載号:2018年7月13日号

  • LINE
  • hatena
工事が終わった市民病院
工事が終わった市民病院

 旧東館の建て替えを中心に再整備を進めてきた藤沢市民病院(常田康夫病院長)の工事が完了し、今月21日に竣工式典が行われる。新病棟は免震構造を取り入れ、正面入口まで路線バスの乗り入れが可能となるなど安全性・利便性が向上した。

 同病院は1971年に開院。人口の増加と共に、西館の増築、東館の改修を行ってきたが、施設の老朽化により2012年から再整備が始まった。工事は、同一敷地内に病院の中核となる新たな東館を建設する計画で、解体と建築を繰り返す中で、電気・ガス・水道などの切り替えで難工事となっていたが、昨年、新館が完成し共用開始となった。今月まで、残りの正面玄関と一部の外構工事が行われていた。総事業費は約120憶9600万円。

 新病棟は、免震構造を採用し災害時でも診療を継続し、医療拠点病院として機能するように整備されたほか、外来機能を東館の1階から2階に集約。診査室や検査室は3階に集め、患者にわかりやすい配置にした。旧東館と比べ、各病室が約1・6倍の広さとなったほか、外来ホールや診療待合スペースなども拡充された。

 また、正面入口前のロータリーには、路線バスの専用レーンと停留所を設け、バスが乗り入れが可能になり、平面駐車場も増設された。

 今年4月には、救急外科と乳腺外科を新設。診療体制を強化している。

 常田病院長は「救急医療とがん医療の2つの柱を中心にした病院運営を進め、質の高い医療が提供できるよう、今後も医療機能の充実に取り組みたい」と話した。

 21日の竣工式典は、関係者を招きテープカットや定礎板除幕式を予定している。

藤沢版のトップニュース最新6

「触れる彫刻展」続け30回

白旗在住桒山さん

「触れる彫刻展」続け30回 文化

24日まで市民会館で開催

10月22日号

消費喚起へ電子商品券

消費喚起へ電子商品券 経済

来月1日から購入受付

10月22日号

いじめと人権、考え深め

いじめと人権、考え深め 教育

湘洋中で弁護士が授業

10月15日号

市民オペラ 来春開催へ

市民オペラ 来春開催へ 文化

コロナで延期、練習本格化

10月15日号

現元の三つどもえか

衆院選神奈川12区

現元の三つどもえか 政治

日程前倒しで臨戦態勢へ

10月8日号

DX推進 年内加速へ

藤沢市

DX推進 年内加速へ 社会

知見求め、民間人材任用

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook