藤沢版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

高校野球八部球場 手書きボード、今夏で幕 電光掲示式切り替えで

スポーツ

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
試合中、手際よく選手の名を書き入れる部員ら
試合中、手際よく選手の名を書き入れる部員ら

 各地で熱戦が繰り広げられている高校野球県予選。その会場の一つとして利用される藤沢八部球場(鵠沼海岸)で、長年出場選手を表示してきた「手書きスコアボード」が”最後の夏”を迎えた。改修工事に伴い、来春から完全電光掲示式に切り替わるからだ。見納めとなった今夏も裏方の部員らが丁寧に一字一字を書き入れた。

 「ピッチャーが変わったぞ」「背番号見てきて」。試合が動くたび、スコアボードがある作業室では一気に慌ただしさが増す。大会2日目の12日、ジャージー姿の野球部員らが狭い通路を駆け回り、選手名を書き入れた金属板を手際よくプレートにはめ込んだ。

 現在のスコアボードは1985年の改修工事で設置されたもの。得点や時計など一部は電光掲示化されたが、30年以上、選手名や審判名を人力で書き入れてきた。現在、手書きスコアボードが残るのは県予選が行われる11球場の内、八部と伊勢原の2球場のみだ。

 同球場の裏方を長年支えているのは、球場補助員を務める、藤嶺藤沢高校の控え選手ら。大会が始まる1週間ほど前にメンバー外の選手で会場から自宅が近く、字がきれいな部員を”選抜”する。今年裏方を任されたのは同校2年と1年の計4人。昨年も担当した2年生の長瀬史也君は「これもいい伝統。最後なので、きれいな字を書こうと思います」と意気込む。

暑さに負けず

 作業室では、白い粉を水で溶き、縦約1・5m×横約50cmの金属板にはけやスポンジで名前を書き入れていく。作業場所が限られ、冷房がない室内での作業は時間と暑さとの戦いでもある。

 試合が始まってからも気が抜けない。いつ選手交代の内線があってもいいよう、ボードを差し替える準備をしておく必要があるからだ。使い終わったボードは水で洗い流し、次の試合に備える。

 この日は、藤嶺藤沢の初戦。作業室からは試合の行方が分からず、時折響く声援や応援歌が頼り。「点入ったかな」。スタンドで応援できないもどかしさはあるが、グラウンドの仲間を信じ、心でエールを送った。

 この日、藤嶺は無事初戦を突破。18日の3回戦も勝利を収め、4回戦からは4人もスタンドで応援に加わる。

 2年生の木村皇介君は「来年は書く側じゃなく、自分の名前を表示してもらえるよう頑張りたい」と笑顔で話した。

「最後まできれいな字を」

今年で見納めになる手書きスコアボード
今年で見納めになる手書きスコアボード

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

4回目接種 月内にも開始

新型コロナワクチン

4回目接種 月内にも開始 社会

60歳以上と基礎疾患ある人

5月20日号

待機児童2年連続ゼロに

待機児童2年連続ゼロに 教育

定員拡大策が奏功

5月20日号

全国初、災害備え新型車

藤沢市消防局

全国初、災害備え新型車 社会

遠距離から大量送排水可能

5月13日号

木彫のマリア像 長崎へ

みその台親松英治さん

木彫のマリア像 長崎へ 社会

「一生の仕事」40年かけ完成

5月13日号

3年越しの要望実る

藤沢大庭郵便局

3年越しの要望実る 社会

地域住民らが移設求め

5月6日号

学校運営に地域の力

コミュニティ・スクール

学校運営に地域の力 コミュニティ教育

市立小中13校に導入

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook