藤沢版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

JR・小田急藤沢駅 ワンフロアに改札口 自由通路も拡幅、改良へ

経済

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
藤沢駅南北自由通路の完成イメージ(藤沢市提供)
藤沢駅南北自由通路の完成イメージ(藤沢市提供)

 藤沢市は7日、藤沢駅南北自由通路の拡幅や駅舎改良整備について、市、JR東日本、小田急電鉄の3者が合意したと発表した。小田急線の改札をJRと同じ2階に設け、同フロアでの乗り換えを可能にするほか、自由通路の道幅を倍にし、利用客の利便性や回遊性を高める。市は事業完了までの見通しを「今後10年程度」としている。

 市によると、長さ約80mの南北自由通路幅を8mから16mに拡幅し、現在1階にある小田急改札を2階のJR改札南側に隣接する形で新たに設置。さらに現在両線のホームをつなぐ跨線橋までをコンコースでつなぎ、JR、小田急双方の乗り換え改札を設ける。現状の小田急1階改札の存続については規模の変更も含めて同電鉄が検討している。

総事業費310億円

 事業総額は約310億円。その内、自由通路は藤沢市が事業費を負担し、駅の改良については2社が事業主体となり、3分の1を市が負担する。市の負担額は約180億円にのぼる見通しで、それぞれ国交省の制度を利用した補助金の採択を目指すという。

 市によると、藤沢駅周辺の再整備は1979年に完了。40年が経ち、周辺の駅と比較して施設面での老朽化が目立つ。また、それぞれ1階と2階にある小田急―JRの改札間と自由通路の動線が交錯しており、通勤・通学時間の混雑が課題になっていた。

 さらに近年、地域経済の面からも大型ショッピングモールの進出などで消費が流出している現状がある。市藤沢駅周辺地区整備担当は「藤沢駅は市の中心部であり湘南の玄関口。整備による拠点性を高め、街の活性化につなげたい」と話した。

 3者は2月下旬にも事業実施に向けた基本協定を締結する方針で、小田急は今年度内、JRは19年度内に基本設計に着手。2年間の詳細設計期間を経て、23年度頃の着工を目指す。
 

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

練習拠点は翔陵グラウンド

神奈川FD

練習拠点は翔陵グラウンド スポーツ

監督に鈴木尚典氏

11月8日号

藤沢翔陵、県駅伝制す

藤沢翔陵、県駅伝制す スポーツ

3年ぶり34回目

11月8日号

義経の銅像を建立

白旗神社

義経の銅像を建立 文化

没後830年の記念事業で

11月1日号

食品ロス、アプリで削減

藤沢市

食品ロス、アプリで削減 社会

運営事業者と協定

11月1日号

まちづくりへ検討会議

(仮称)村岡新駅

まちづくりへ検討会議 社会

有識者や地権者ら議論

10月25日号

過去最大 まちゼミ11月に

過去最大 まちゼミ11月に 経済

市内全域117講座

10月25日号

大イチョウ、台風で折れる

大イチョウ、台風で折れる 社会

遊行寺のシンボル、関係者悲嘆

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

寺田さんが仏画展

寺田さんが仏画展

鎌倉芸術館で22日から

11月22日~12月1日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク