藤沢版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

コラム HOW TO コミュニケーション 連載8 「上手な夫婦喧嘩の収め方」

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 夫婦喧嘩をしてしまい、「どうやって収めたらいいのかわからない」と思ったことはありませんか?何かのきっかけで言い合いになったり、話のすれ違いでどちらかが不機嫌になるのはよくあること。あなたがこれからも相手と一緒にいたいと思っているなら、そこで「私は悪くないのに」と怒りに身を任せるのは得策ではありません。

 まずはどちらが悪くても、あなたから相手に「ゴメンね」と伝えましょう。感情的になっていると、「自分が悪くもないのに何故謝らなくてはいけないの」と思うかもしれませんが、どちらが悪いから、という訳ではなく、先に謝ることにはちゃんと理由があります。

 喧嘩には様々な原因がありますが、とても気力と体力を使います。だから「本当は早く収束させたい。でも謝るのは悔しい」と思っているはず。でも、そんな気持ちになっているのはあなただけではなく、相手も同じなのです。そこであえて「嫌な気分にさせてゴメン」と”先手”を打つことで、「喧嘩の最中もこちらの気持ちを汲んでくれた」ということが伝わります。これにより怒りが収まるだけでなく、喧嘩が収束した後に互いの信頼関係を深めることにも繋がるのです。

 そして相手の怒りが少し収まってきたら、「実は私、こう思っていたんだ。でも、伝え方が悪かったよね」というふうに、喧嘩の原因をさりげなく落ち着いた状態で伝えましょう。喧嘩の内容や原因を直接言及するのではなく、自分の伝え方が悪かったから起こった喧嘩だということにしつつ、自分の思いを伝えることができます。

 相手がイライラしている気持ちを一度受け取ってあげることが大切なポイント。お互い嫌な思いをせずに言いたいことをきちんと伝え、信頼関係を築いていきましょう。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のコラム最新6

HOW TO コミュニケーション

コラム

HOW TO コミュニケーション

連載7 「夫と外出する時のHOW TO」

12月7日号

HOW TO コミュニケーション

コラム

HOW TO コミュニケーション

連載6 「優しさの”芽”を育てる」

11月23日号

HOW TO コミュニケーション

コラム

HOW TO コミュニケーション

連載5 「“マイルール”は肩肘はらず」

10月5日号

「軽減税率制度、準備はお済みですか」

「マイナンバー制度」

VOL.143

「マイナンバー制度」

8月31日号

「自助・共助・公助」

VOL.140

「自助・共助・公助」

5月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯の52会場で「うつわの日」

大磯の52会場で「うつわの日」

10月25日(金)から3日間

10月25日~10月27日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク