藤沢版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

今田遊水地公園が開所 地域住民の憩いの場へ

社会

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
開所した今田遊水地公園
開所した今田遊水地公園

 県が市内今田で整備を進めてきた今田遊水地公園が20日、開園した。広さは約7・3haで、芝生広場や水辺の動植物を観察できるビオトープなどがあり、地域住民が憩える場となりそうだ。同日、関係者らを招き記念式典も開かれた。

 大雨で河川からあふれる水を一時的に貯留し、洪水被害を軽減する遊水地を兼ねた公園。二級河川・境川の河川対策として横浜市の俣野遊水地(戸塚区)、下飯田遊水地(泉区)と合わせ境川遊水地(公園)として整備が進められていた。

 公園には、芝生やクローバーを敷き詰めた広場やビオトープがあり、駐車場や駐輪場、学習室のある管理棟も設置された。工事を行った県藤沢土木事務所によると、地域住民の要望を受け、気軽に訪れることができ、のんびり寛げるスペースや環境を整備したという。

 境川遊水地の整備事業は1990年度から用地買収を始め、2007年に俣野遊水地公園、翌年に下飯田遊水地公園が開園。今田遊水地は、08年に河川工事、15年に公園工事が始まり足かけ11年かけて造成が進められた。

 記念式典には、鈴木恒夫市長をはじめ、地元選出の国会議員や県議会議員、自治会長、地権者らが出席。今田囃子保存会による演奏やテープカットを行い、開園を祝った。

 あいさつに立った同土木事務所の横溝博之所長は「開園を迎えられたのは、地権者の方をはじめ地域の理解と協力のたまもの。今後、公園の整備、管理にしっかり取り組んでいきたい」と話した。

 また、元今田北自治会長の石井明夫さんは「今後は住民の交流の拠点、地域発展のために活用していきたい」と施設の有効利用に期待していた。

藤沢版のトップニュース最新6

「母校の誇り」死悼む声

「素晴らしい人間性」「英雄のような存在」

「母校の誇り」死悼む声 社会

ノーベル賞 根岸英一さん

6月18日号

聖火リレー 公道中止に

聖火リレー 公道中止に 社会

代替式典も観覧不可

6月18日号

湘南シラス 不漁深刻

湘南シラス 不漁深刻 社会

過去5年で最低水準

6月11日号

都筑さん 五輪出場へ

都筑さん 五輪出場へ スポーツ

新種目のサーフィンで

6月11日号

中学校給食「自校方式に」

中学校給食「自校方式に」 教育

選択制デリバリーの課題提起

6月4日号

48年の歴史に幕

三笠会館鵠沼店

48年の歴史に幕 経済

「湘南フレンチ」先駆け

6月4日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter