藤沢版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

辻堂駅北口に新商店会 地域の安全対策拡充へ

社会

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
約30人が参加した商店会設立総会
約30人が参加した商店会設立総会

 辻堂駅北側に新たな商店会「湘南シークロス商店会」が先月28日、発足した。地域内の公共空間の安全対策を図ることが主な目的で、地域の賑わいづくりや経済活性化に取り組んで行く。



 湘南シークロスは、旧関東特殊製鋼の跡地を利用して新たな街づくりが行われた地域。整備されてから6年が経過しているが、自治体や商店会は無く、2016年に商業施設やオフィスビルなどの経営者で構成する「湘南C-Xまちづくり協議会」が設立され、地域内の環境や防災対策について情報交換や行政への窓口となってきた。

 新商店会の発足は、数年前から道路や公園など公共空間の防犯対策が危惧されるようになったため。市内では江の島などが防犯カメラを設置し、事件解決に有効活用されていることから、同地域にもカメラの設置が必要と声があがり、市から補助が受けられる商店会を組織する運びとなった。

 新たに整備された地域柄、個人事業主が集まる従来の商店会組織と違い、商業施設やオフィスビルの経営者、テナント、医療法人など会員24

人でスタートを切った

ロボットと共生新たな商店会を

 同日、設立総会がオザワビルで開かれ、会員ら約30人が出席。会長に(株)タカギフーズの高木實代表取締役=人物風土記で紹介=が就任し、副会長に相澤土地(株)の相澤光春代表取締役、オザワビルの小澤幸喜代表、(株)櫻井興業の櫻井貴裕代表取締役が選出された。また、今後の事業計画や予算なども決められた。

 高木会長は「これを機会に私たちが目指す『安心安全、住みたくなるまち藤沢、ロボットと共生する藤沢』を旗印により一層活動を行っていきたい」とあいさつ。防犯対策を第一の課題とし、地域内にロボット産業特区の拠点施設があることから、ロボットと共生する新しい街づくりも目標に掲げた。

 総会には、来賓として鈴木恒夫市長や増田隆之商工会議所会頭、齋藤光久市商店会連合会理事長らが駆け付け、門出を祝った。

藤沢版のトップニュース最新6

「第3波」か 感染者急増

新型コロナ

「第3波」か 感染者急増 社会

ピーク時上回る勢い、市警戒

11月20日号

冬の観光「分散型」へ

藤沢市

冬の観光「分散型」へ 経済

期間や会場拡大で3密回避

11月20日号

“次世代型の移動”検証へ

“次世代型の移動”検証へ 経済

来年3月まで実証実験

11月13日号

広がれ「母乳バンク」の輪

広がれ「母乳バンク」の輪 社会

藤沢に県内唯一の登録施設

11月13日号

保育士不足 市内でも深刻

保育士不足 市内でも深刻 社会

待機児童減も現場負担増

11月6日号

観光客動向 スイカで調査

藤沢市

観光客動向 スイカで調査 経済

JR東と連携しデータ分析

11月6日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク