藤沢版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

片瀬西浜・鵠沼海水浴場 「ブルーフラッグ」取得へ 良好な水質や環境PR

社会

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
片瀬西浜(=8月28日)
片瀬西浜(=8月28日)

 全国でも屈指の来場者数を誇る片瀬西浜・鵠沼海水浴場が、水質や環境が良好で安全なビーチに与えられる国際認証「ブルーフラッグ」の取得を目指している。海の家を運営する江の島海水浴場協同組合が準備を進めており、実現すれば国内5例目。環境や安全面での取り組みをアピールすることで魅力向上につなげたい考えだ。

 ブルーフラッグは国際NGO「FEE」(国際環境教育基金)が実施する認証制度。利用者の環境教育や水質基準、ごみ箱・トイレの設置、ライフセーバーの配置などをクリアすることで、その証明となる旗をビーチに掲げることができる。

 取得後は国内審査委員会が定期的な審査を行い、1年ごとに更新。高い格式と誘客が期待でき、現在世界50カ国約4千カ所が認証を受けている。国内では2016年4月に由比ガ浜海水浴場(鎌倉市)と若狭和田海水浴場(福井県高浜町)が初めて取得した。

 昨年12月に認証を取得した海水浴場関係者によるシンポジウムが江の島で行われたことなどを機に、同海水浴場も取得に向けた検討を開始。関係者によると、中央の約200mは漁業関係者による地引網と、サーフィンなどマリンスポーツのエリアとし、両サイドを合わせた約1Kmがブルーフラッグの対象エリアとなる。現在手続きを進めており、11月の申請、来年5月の認証を見込む。

 環境省のまとめによると、2018年度西浜の来場者は約101万4千人で全国トップ。ただ、近年はレジャーの多様化などを背景に来場者数は全国的に減少傾向にある。

 森井裕幸理事長(63)は「湘南ブランドに寄り掛かるだけでなく、新しい価値の創出は欠かせない。SDGs(持続可能な開発目標)という時代のニーズもある。皆で海を守り、次世代に残す契機にしたい」と話した。

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

コロナ乗り越え全国へ

湘南高校合唱部

コロナ乗り越え全国へ 文化

東京国際声楽コンに出場

9月25日号

庁舎前広場にキッチンカー

庁舎前広場にキッチンカー 経済

市が苦境の事業者支援

9月25日号

下土棚遊水地 供用を開始

下土棚遊水地 供用を開始 社会

引地川の氾濫防止へ

9月18日号

50年ぶりに宗門法要

龍口寺

50年ぶりに宗門法要 文化

龍ノ口法難750年で

9月18日号

プレミアム商品券 受付開始

プレミアム商品券 受付開始 社会

大型店利用も 一部は電子化

9月11日号

「ブルーフラッグ」取得へ

片瀬西浜・鵠沼海水浴場

「ブルーフラッグ」取得へ 社会

良好な水質や環境PR

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク