藤沢版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

健康と文化の森地区 都市構想、具体化へ前進 市街化区域編入へ準備会

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 藤沢市が都市構想を掲げる「健康と文化の森地区」の事業化を巡り、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)と隣接する約36・1ヘクタールについて、このほど地権者296人から成る土地区画整理準備会が設立された。同準備会は、年内にも民間の事業化検討パートナーを選定。2021年度までに事業計画案を作成し、22年度以降の市街化区域への編入を目指すとしている。

 同地区は、市の都市マスタープランで位置付けられる6つの都市拠点の一つ。豊かな自然やSFCの持つ学術・研究機能などを核に産官学が連携する新たなまちづくりを掲げている。

 市は16年3月に「健康と文化の森地区まちづくり基本計画」を策定。都市拠点では唯一の市街化調整区域で開発行為が制限されてきたが、同年11月に県の線引き見直しで新市街地ゾーンに設定されたことが前進に向けた契機になった。

 翌17年5月には県と藤沢市、寒川町、相鉄、慶大から成る「いずみ野線延伸連絡協議会」が概ねの新駅の位置などについて合意。将来的に湘南台駅―倉見駅(寒川町)間をつなぐと想定される同線延伸による新駅設置も視野に、19年2月には市街化区域へ編入する区域案を設定した。

 まちづくりのビジョンは「みらいを創造するキャンパスタウン」。SDGs(持続可能な開発目標)の視点を取り入れながら、▽環境共生▽健康・医療▽農の3つの柱をテーマに据える。

 具体的な将来像としては、情報・環境・医療などの分野で企業や研究所を誘致し、研究開発機能を集積。また駅周辺などに実証・実験フィールド、シェアオフィス、コンベンションスペースなども設け、産官学の連携を後押しするという。

 同準備会は21年度に事業計画案を固め、業務代行予定者を選定。22年度以降、実施設計を行う。その後、市の都市計画手続き、市街化区域への編入で土地区画整理組合となり、事業を進めていく。

宅地分譲及び定期借地権付き分譲

【湘南ライフタウン】遠藤永山地区・大庭小糸地区・大庭小ヶ谷地区

https://www.fujisawa-kaikeiko.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

都市構想、具体化へ前進

健康と文化の森地区

都市構想、具体化へ前進 社会

市街化区域編入へ準備会

10月16日号

「藤沢型」確立へ相談員

地域包括ケア

「藤沢型」確立へ相談員 社会

CSW全13地区に配置

10月16日号

江の島観光に追い風

Go Toトラベル

江の島観光に追い風 経済

宿泊利用「週末コロナ以前並み」

10月9日号

発熱患者対象に外来開設

市医師会

発熱患者対象に外来開設 社会

大庭の「北休日・夜間診療所」に

10月9日号

藤沢自慢の味を発信

鵠沼海岸

藤沢自慢の味を発信 社会

駅売店アンテナショップに

10月2日号

巨大壁画で彩る

湘南台駅地下広場

巨大壁画で彩る 社会

「アートの街へ」有志がCF

10月2日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク