藤沢版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

藤沢市 最大級の災害に備えて 津波ハザードマップなど改定

社会

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
改定された津波ハザードマップ(上)と土砂災害・洪水ハザードマップ
改定された津波ハザードマップ(上)と土砂災害・洪水ハザードマップ

 藤沢市はこのほど、洪水や土砂災害、津波に伴う危険箇所や避難場所を表示するハザードマップを改定した。国や県が示す最大級の想定規模に基づき、8年ぶりに情報を更新。きょう26日から市役所などで配架するほか、市ホームページでも公開する。市では「地域の災害リスクを知り、適切な避難行動につなげてほしい」と活用を呼び掛けている。

 市の北部・中部・南部エリアごとに示した「土砂災害・洪水ハザードマップ」では、大雨の規模を「100年に1回程度」から「千年に1回程度」に更新。浸水想定区域も県の基準に沿って見直し、市が管理する小糸川や不動川など6河川の浸水範囲を追加した。

 想定雨量は流域面積などに応じて河川ごとに定められており、24時間あたり境川・柏尾川が632mm、引地川・蓼川・小糸川・不動川が412mm、目久尻川が398mm、小出川・打戻川が354mm。氾濫で予想される浸水深については、水位によって5段階に色分けし、増水で堤防が削られた場合、家屋が倒壊する危険性のある範囲も併記した。

 一方、辻堂・鵠沼・片瀬の3地区ごとにまとめた「津波ハザードマップ」では、相模トラフを震源とする2つの地震や元禄関東地震と国府津-松田断層帯が連動した地震など想定を5つに細分化。それぞれについて最大津波到達時間(6〜71分)と津波の高さ(8・6〜11・5m)を示したほか、津波浸水想定区域は全ての想定を組み合わせた範囲を反映させた。

 また県がこのほど、藤沢市を津波災害警戒区域に指定したことを踏まえ、津波が建物にぶつかった際の上昇分を盛り込んだ「基準水位」を加味。改定前と比べ、浸水の範囲が広域に広がっており、市は今後、津波避難ビルの再検討や地域ごとの避難計画の見直しを進める方針。

 いずれのハザードマップも市役所のほか、各地区の市民センター、公民館に配架。市は7月に全戸配布する防災冊子にも掲載するとしている。
 

弁護士会による藤沢法律相談

交通事故・離婚・相続・労働・お金の貸し借りなど、さまざまな相談が可能です。

https://www.kanaben.or.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

高齢者接種 5月中旬に開始

高齢者接種 5月中旬に開始 社会

ワクチン接種で市想定

4月9日号

駅周辺、賑わいの拠点に

駅周辺、賑わいの拠点に 経済

広場条例施行 活用本格化へ

4月9日号

市北部活性化に期待感

市北部活性化に期待感 経済

綾瀬スマートICが開通

4月2日号

余った食料品、困窮者へ

余った食料品、困窮者へ 社会

「フードバンクふじさわ」が発足

4月2日号

最大級の災害に備えて

藤沢市

最大級の災害に備えて 社会

津波ハザードマップなど改定

3月26日号

自宅療養 見守るモデルに

看護師が電話で健康観察

自宅療養 見守るモデルに 社会

藤沢市で先行実施始まる

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク