藤沢版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

「危険なバス停」市内に23 国交省が調査結果公表

社会

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

 横断歩道や交差点の近くなどに停車し、交通事故を誘発する恐れのある「危険なバス停」について、国土交通省は先月19日、全国の調査結果を公表した。藤沢市内では、対策の優先度を示すABCの三段階で、B判定が20カ所、C判定が3カ所あった。

 バス停の設置位置は、2018年に横浜市内で発生した横断歩道上に停まったバスの影になり小学生が車にはねられた死亡事故を機に、強く問題視されるようになった。国交省では全国のバス会社や警察、自治体道路管理者らに呼びかけ、都道府県ごとに「バス停留所安全性確保合同検討会」を結成。19年末から21年1月にかけ、各バス会社に危険が予想されるバス停の抽出を依頼し、調査した。

 Aランクは、過去3年以内に停車したバスが要因となる人身事故が発生した、もしくは停車したバスが横断歩道にかぶる地点。Bランクは、停車したバスが横断歩道の前後5m、または交差点にかかる地点。Cランクは、停車したバスが交差点の前後5mにかかる地点と、地域住民などの意見や各都道府県の実情に応じて抽出したバス停。

 検討会はバス停や横断歩道の移動など、各バス停留所の安全性確保対策について今後取り組んでいくとしている。

 危険度の高いバス停については県警も18年に独自に調査。公表された84カ所中、市内は辻堂の「南町」のみで19年に対策を完了している。
 

藤沢版のトップニュース最新6

江の島観光を仮想空間で

江の島観光を仮想空間で 社会

コンテンツの運用開始

5月7日号

世界が認めるビーチに

世界が認めるビーチに 社会

「ブルーフラッグ」民間初

5月7日号

「危険なバス停」市内に23

「危険なバス停」市内に23 社会

国交省が調査結果公表

4月30日号

5月10日、接種予約開始

藤沢市

5月10日、接種予約開始 社会

85歳以上2万人が対象

4月30日号

生理用品を無償提供

藤沢市

生理用品を無償提供 社会

困窮する女性ら支援

4月23日号

入院患者へ接種開始

入院患者へ接種開始 社会

11病院へワクチン配布

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter