藤沢版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

コロナの逆風に負けず、大会追い風に 「パラスポーツを当たり前に」 市障がい者スポーツ連絡協議会 種田多化子会長

社会

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena
パラリンピック聖火で採火予定の「平和の灯」を見つめる種田さん
パラリンピック聖火で採火予定の「平和の灯」を見つめる種田さん

 8月24日に開幕が迫った東京パラリンピック。障害のあるトップアスリートが繰り広げる祭典を前に「競技を知ってもらう契機に」と障害者スポーツ関係者の期待感も高まる。11団体からなる藤沢市障がい者スポーツ連絡協議会会長の種田多化子さん(66)もその一人。「競技者の姿が多くの人の心に届けば」と願いを込める。

 「スポーツは誰もが楽しめるもの。できることに限りがある障害者にとってはより切実な意味がある」と種田さん。

 32歳の時に骨腫瘍で義足生活になり、立つ動作だけでもリハビリに苦労した経験がある。「日々に精いっぱい。スポーツに取り組む余裕は心にも体にも無かった」と振り返る。

 約10年前、障害者福祉センターで障害者卓球に出会った。「あなたにもできる」との声に恐る恐る参加。「ラケットが振れた、球が打てた」。気付けば夢中になっていた。失っていた、前向きな意欲を思い出させた。

 障害には身体と知的、先天と後天があり、状況は違うと前置きしつつ「できる・できないで物事を判断せざるを得ないことが多いため、新しいことへの挑戦がしにくい」と種田さん。

 藤沢市に限らず、全国的に障害者スポーツに適した施設が少ないため、活動団体も少ない。また、同種目であっても障害によって取り組み方が異なるため、各団体も少人数に。対戦相手を探すのも一苦労だ。「始める人は『知らなかった』『無理だと思っていた』と話す。スポーツ施設関係者であっても競技を知らない人もいた。もっと当たり前に知ってもらう必要がある」

 2018年8月、障害者スポーツの認知度を高めるため、連絡協議会が設立した。国内でのパラリンピック開催決定が後押しとなり、関係者にとっては10年来の悲願だったという。

 機運も高まり、国内の大会開催は、最大のチャンスとなるはずだった。

 だが、新型コロナの影響で、大会延期に加え、活動自体も停止。種田さんは「支援者がいないと実施できない。最大の弱点を痛感」と振り返る。

 「でも、逆境は得意なんです」と種田さん。「今できなくてもいつかできるはず。できることをできる限りがんばるのが障害者スポーツ。コロナ禍だからこそ、がんばる選手の姿がより心に響くはず」と曇りない笑顔を見せた。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

ソフト山田選手が技術指導

五輪金

ソフト山田選手が技術指導 スポーツ

市内中学生90人が学ぶ

1月14日号

絵本づくりに挑戦中

「少しでも優しい社会を」 片瀬海岸在住石澤さん

絵本づくりに挑戦中 社会

1月14日号

春の趣き 色鮮やか

駅利用客に光で癒しを

駅利用客に光で癒しを 社会

善行有志が企画

1月14日号

石川、明治が優勝

石川、明治が優勝 スポーツ

少年野球神奈川支部大会で

1月14日号

豪華ソリストが茅ヶ崎に

豪華ソリストが茅ヶ崎に 文化

チケットプレゼントも

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook