藤沢版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

26年度財源不足142億円 藤沢市中期財政見通し

社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena

 藤沢市は先月30日、2022〜26年度の中期財政見通しを発表した。更新は2年ごとだが、昨年コロナ禍で税収見通しが立たなかったため、3年ぶり。市税がゆるやかに回復する一方、社会保障関連費や公共施設再整備費などが膨らみ、26年度には約142億円の財源不足を見込んだ。

 歳入の半分を占める市税は今年度コロナ禍の影響で大きく減少したが、人口増を背景に回復基調に。各年度800億円を上回る収入を見込む。

 歳出では、高齢化に伴う介護保険事業費や人口増による保育関連費など扶助費を中心に義務的経費が増加。22年度約855億円が26年度には約924億円に膨らんだ。

 また施設の老朽化に伴う市立小中学校など公共施設の再整備や、藤沢駅周辺・村岡地区の整備事業で建設事業等経費が増加。26年度には約296億円を見込む。歳入から歳出を差し引いた財源不足は各年度73〜142億円と推計した。

 市は21年度も国から地方交付税を受けず、自前の税収で財政運営できる不交付団体を維持。ただ、財政の弾力性を示す経常収支比率は90%を超えており、厳しい状況が続く。

 市財政課では「税収が右肩上がりにならない以上、建設費など可能なものは平準化し、国や県の補助金を獲得していく。歳出を抑えつつ歳入確保に努めたい」とした。

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook