藤沢版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

藤沢市議会 オンライン委員会を試行 災害や感染拡大に備え

政治

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena
オンラインを活用した藤沢都心部再生・公共施設再整備特別委員会
オンラインを活用した藤沢都心部再生・公共施設再整備特別委員会

 藤沢市議会は先月25日、一部の議員や市職員がオンラインで出席する特別委員会を開いた。市によると、県内市議会で委員がオンラインで出席して実施する委員会は常任委員会を含めて初。災害時や新型コロナウイルス感染拡大時など非常時でも議会開催を可能にするよう手法を確立する狙いがあり、今後課題を検証する。



 試行実施したのは、藤沢都心部再生・公共施設再整備特別委員会(堺英明委員長)。委員12人の内、5人が委員会室とは別室からオンライン参加し、市民会館再整備に関する基本構想など2件について審議した。委員会後には画面越しで模擬採決も実施した。

 オンラインを活用した議会はコロナ禍で有用性が注目され、全国的に導入の動きが広がっている。ただ、地方自治法の規定では議員研修や各種会議、委員会などに限られ、本会議での運用は認められていない。

 同市議会は昨年10月に委員会条例の一部を改定。大規模な災害などで登庁できない場合、「映像と音声の送受信により相手の状態を相互に認識しながら通話することができる方法」で委員会を開催できるようにした。

 この日は画面上でも審議が円滑に進められるよう一連の流れを確認。模擬採決では挙手多数と挙手全員の2パターンを行い、オンライン参加した委員の意思表示を堺委員長が一人ずつ確認した。

 議会運営委員会議会ICT小委員会委員長で、この日もオンラインから質問した清水竜太郎市議は「全体的な進行に大きな支障はなかった」とし、「災害時でも二元代表制の機能を損なわせないための危機管理が必要。今後、委員会で課題を持ち寄り、細かいルールを定めていきたい」と話した。

 他の地方議会では介護や子育てを理由にオンライン参加を認めるケースもあるが、同市議会では災害時など非常時の運用に限るとしている。

藤沢版のトップニュース最新6

学習端末で「いじめSOS」

学習端末で「いじめSOS」 教育

市立小中学校で試行運用

1月21日号

学級閉鎖や休園相次ぐ

学級閉鎖や休園相次ぐ 社会

感染急増「第6波」鮮明

1月21日号

密避け2年ぶり成人式

密避け2年ぶり成人式 社会

3部制、時間短縮「極力簡素に」

1月14日号

感染拡大 2週間で8倍

感染拡大 2週間で8倍 社会

「第6波の入り口」市警戒

1月14日号

「勝って世界に挑戦」

ボクシング森且貴選手

「勝って世界に挑戦」 スポーツ

初のタイトル戦へ決意

1月7日号

2市1町で連携協定

パートナーシップ宣誓制度

2市1町で連携協定 社会

転出時、一部手続き省略

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook