藤沢版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

パートナーシップ宣誓制度 2市1町で連携協定 転出時、一部手続き省略

社会

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena

 LGBTなど性的少数者や事実婚のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を巡り、藤沢市はこのほど、茅ヶ崎市、寒川町と自治体間連携に関する協定書を締結した。2市1町間で転居をする際、一部の手続きを省略できるもので、当事者の負担軽減を図る。適用は2月1日から。

性的少数者らの負担軽減

 協定は昨年12月20日付け。

 従来、パートナーシップ宣誓制度を利用したカップルは転出する際に自治体が発行した受領証を返還し、転出先で最初から手続きをし直す必要があった。協定により2月1日以降、2市1町内で転居した場合は返還手続きや転出先で独身であることを確認する戸籍抄本の提出が不要になる。

 また、自治体間では受領証を発行したことを共有。同様のスキームを川崎市と相模原市、横浜市と千葉市などが採用している。

 藤沢市は昨年4月から同制度を導入。同性、異性を問わずカップルが両者の自由意志で互いがパートナーであることを書面で宣誓し、提出を受けて市長名義で受領証を発行する。市人権男女共同平和国際課によると、昨年12月27日現在までに20組が利用した。

 制度には法的効力はないものの、市営住宅入居審査が家族扱いになったり、税の手続きで必要な証明書が同意書の必要なく取得できるなど行政サービス上のメリットがある。また、市では当事者が病気やケガで病院で治療を受ける際、パートナーが家族と同じように説明を受けることができるよう、市医師会を通じて医療機関に協力を要請しているという。

 同課では「セクシャルマイノリティーをはじめ、様々な事情から婚姻届けを出さない、あるいは出せない人の悩みや生きづらさに寄り添い、周囲の理解促進を図っていく」としている。

藤沢版のトップニュース最新6

全国初、災害備え新型車

藤沢市消防局

全国初、災害備え新型車 社会

遠距離から大量送排水可能

5月13日号

木彫のマリア像 長崎へ

みその台親松英治さん

木彫のマリア像 長崎へ 社会

「一生の仕事」40年かけ完成

5月13日号

3年越しの要望実る

藤沢大庭郵便局

3年越しの要望実る 社会

地域住民らが移設求め

5月6日号

学校運営に地域の力

コミュニティ・スクール

学校運営に地域の力 教育

市立小中13校に導入

5月6日号

食害生物駆除に本腰

藤沢市

食害生物駆除に本腰 社会

磯焼け対策 魚介放流阻む 

4月29日号

劇的勝利で初の4強

藤沢清流

劇的勝利で初の4強 スポーツ

あす桐蔭学園と準決勝

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook