藤沢版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

待機児童2年連続ゼロに 定員拡大策が奏功

教育

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena

 藤沢市は11日、4月1日現在の保育所などの待機児童数がゼロだったと発表した。1995年の調査開始以降初となった昨年に続き2年連続。認定こども園の開設などの定員拡大が奏功した一方、保育士不足など依然課題は残っている。

 待機児童は、認可保育所などへの入所を希望し、保育の必要性が認められているのにもかかわらず、入所できない状態にある児童。全国的に少子化が進む一方、社会変化に伴う共働き家庭の増加などから保育需要は高まっている。

 市でも、4月1日時点での就学前児童数は2万1259人で、昨年より311人減、2014年以降、減少傾向にある。一方、保育所などへの利用申込児童数は、8815人で昨年から348人増加した。

 4月1日時点の定員は8786人。このうち入所が決定した利用児童数は、360人増の8370人だった。

 市内待機児童は12年度に最大の379人を記録。市は15年に藤沢市子ども・子育て支援事業計画を策定し、新規施設整備などハード面の充実と、希望者に対して保育の緊急性の意思確認など、ヒアリングの強化などに取り組んできた。

 その結果、定員は昨年8748人にまで拡大。初の待機児童ゼロ人を達成した。今年は既存幼稚園の認定こども園移行など、38人枠を拡大した。

 一方、入所保留児童数は445人(前年比12人減)。「育児休業の延長」や「近隣に施設はあるが、特定の施設のみ」を希望している割合が多く、特に顕著な地域は、市内13地区中、湘南台、次いで辻堂という。

保育士不足 なお課題

 施設整備が進み藤沢市のほか全国的に待機児童ゼロの達成地域が増加する一方、課題となっているのが保育士不足だ。

 市内では同時点で保育士47人が不足。158人の受け入れ分が充填できていない。市は昨年「保育士就労奨励助成金」を開始し23人に支給した。

 また保育士の働きやすい環境づくりの整備のため、保育士をサポートする保育補助者の養成に着手。昨年から子育て支援員研修を開始し、69人が修了した。

 市子ども・子育て支援事業計画は2020年に第2期に移行し、今年度は保育所整備計画の中間見直し時期にあたる。市の担当者は「現場の声も聞きながら環境整備を進めたい」と話した。

藤沢版のトップニュース最新6

黙食緩和は「時期尚早」

学校給食

黙食緩和は「時期尚早」 教育

飛沫感染防止を優先

6月24日号

藤沢勢2校が全国へ

県高校総体サッカー

藤沢勢2校が全国へ スポーツ

湘南工大付属は35年ぶり

6月24日号

利活用へ県が事業者募集

かながわ女性センター跡地

利活用へ県が事業者募集 社会

観光交流施設など想定

6月17日号

1泊5千円引き 市補助へ

限定の観光体験も

1泊5千円引き 市補助へ 経済

「宿泊型観光」推進へ新事業

6月17日号

給食費、高騰分補填へ

藤沢市

給食費、高騰分補填へ 社会

保護者負担回避へ予算案

6月10日号

「脱炭素」へ取り組み加速

藤沢市

「脱炭素」へ取り組み加速 社会

CN都市ガス、市庁舎で導入

6月10日号

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook