神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2022年7月15日 エリアトップへ

長後に次世代農業拠点 アクポニビレッジが完成

社会

公開:2022年7月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
アクポニで育つ野菜とチョウザメを紹介する濱田さん
アクポニで育つ野菜とチョウザメを紹介する濱田さん

 水耕栽培と水産養殖をかけ合わせた次世代の循環型農業「アクアポニックス」の実証実験を他社などと行うコミュニティー型の農園、「ふじさわアクポニビレッジ」が7月1日に長後に完成した。運営する(株)アクポニ(横浜市中区)の濱田健吾代表(43)は「藤沢は都市農業のモデルのロケーションに最適。全国へアクポニの魅力を発信できるはず」と期待を寄せる。

 アクアポニックスは、自然の生態系をもとに開発された、水耕栽培と水産養殖を同時に行う新型農法。魚の養殖水を微生物で分解し水耕栽培に使用、きれいになった水をまた養殖水に使う循環型の仕組みとなっている。

 水槽の水替え、土作りや水やり、除草などの作業が不要なため農業の中でも参入のハードルが低いことや、生産品の安全性の高さなどが強み。また、土耕農業と比較し、同じ面積で約7倍の収穫量が得られる点や環境負荷の低さなど、SDGsの側面からの注目も集まっているという。

 農園は総面積500平方メートル。同社が展開する3サイズのハウスを設置し、企業や団体などと協力して実証実験、導入検討を行えるコミュニティー型の農園となっている。

 野菜はリーフレタスや水菜、バジルなどのハーブを生産。魚はイズミダイやチョウザメを養殖している。今年中に生産品の販売やイベントも予定。「周知には採れたて食材を食べてもらうことが一番。食育にもなる」と濱田さんは話す。

 同社は2021年2月に大規模試験農場、「湘南アクポニ農場」を打戻に開設した。障害者の就労支援や工場の排熱対策、遊休地活用などの観点から見学者が多く、新型都市農業としての期待が高まっているとして、今回の新拠点の開園を決めた。濱田さんは「藤沢から世界へ、農業革命を広げたい」と話した。

アクアポニックスの仕組み
アクアポニックスの仕組み

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催 

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202308/57162.html

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

搬送数昨年比7件増

熱中症

搬送数昨年比7件増

暑さ避け水分補給を

7月12日

踏切道廃止で安全確保へ

藤沢本町駅周辺整備

踏切道廃止で安全確保へ

市が8年後の完成目指す

7月12日

官民協働 未来のまちへ

湘南大庭地区

官民協働 未来のまちへ

活性化指針、素案まとまる

7月5日

ファン支援で“ホピ子”復活

ファン支援で“ホピ子”復活

葛原から再びレースの頂へ

7月5日

22年ぶり全国大会へ

藤沢シニア

22年ぶり全国大会へ

 敗者復活戦から切符獲得

6月28日

駄菓子屋が学び舎に

駄菓子屋が学び舎に

「商売」体験、不登校支援にも

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook