藤沢版 掲載号:2022年8月5日号 エリアトップへ

藤沢市 市域全体で観光周遊 MaaS基盤強化へ事業支援

経済

掲載号:2022年8月5日号

  • LINE
  • hatena

 ウィズコロナ、ポストコロナに対応した観光施策の実現に向け、藤沢市は8月から多様な交通手段を一体的に提供する「MaaS」(次世代移動サービス)の開発、運営で実績のある民間会社への支援事業を開始する。コロナ時代の新たな観光様式を念頭に、公共交通に加えてタクシーやシェアサイクルなどを組み合わせ、市域全体の観光活性化につなげたい考えだ。

 市は今年度6月補正予算で、MaaS基盤強化事業補助金として7500万円を計上。観光需要喚起型のMaaSを具現化する手段の一つとして、開発や運営でノウハウのある民間事業者に対し、新たな機能を実装するための費用として最大4分の3を補助する。

 事業者の選定は公募型プロポーザルで先月29日まで実施。きょう5日にプレゼンテーションとヒアリングを行い、支援する1事業者を選定する。

 市は支援事業の要件として、▽鉄道・バスなど公共交通のデジタルチケットと市の観光施設などと連携した電子チケットの造成▽タクシーやシェアサイクルなどの二次交通を含む電子チケットの造成▽デジタルスタンプラリー機能の実装―などを提示した。

 従来の藤沢観光は、江の島や全国屈指のビーチがある沿岸部が中心だった。北部でも先月「遠藤笹窪谷公園」が開園したほか、官民が連携し誘客策が進められているが、豊かな自然に恵まれているがゆえに交通アクセスが課題となっていた。

 一方、コロナ以降、近隣で観光する「マイクロツーリズム」が浸透。そこで市域全体を観光フィールドと捉え、従来の公共交通に加えてタクシーやシェアサイクルで切れ目なくつなぐことで交通利便性を高める。

 さらにデジタル化を推進し、電子チケットやデジタルスタンプラリーを組み合わせ観光客の広域周遊を後押し。ビッグデータを解析し、利用者のニーズや動線を把握することで今後の観光施策にも役立てる。市観光課は「観光客には土地勘のない人も多い。MaaSを通じて広域周遊や非接触型の推進など、従来の観光課題を解決する一助になれば」としている。

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

「介護のICT化」市が支援

「介護のICT化」市が支援 社会

業務効率化へ実証実験

8月12日号

開通時期、また白紙に

圏央道藤沢〜横浜間

開通時期、また白紙に 社会

施工方法に課題 工程見直し

8月12日号

食事必要な子へ100円弁当

食事必要な子へ100円弁当 社会

NPOと飲食店が連携

8月5日号

市域全体で観光周遊

藤沢市

市域全体で観光周遊 経済

MaaS基盤強化へ事業支援

8月5日号

まちの未来、本気で議論

湘南大庭地区

まちの未来、本気で議論 社会

課題解決へ子ども会議発足

7月29日号

産学連携 健康ビール誕生

産学連携 健康ビール誕生 社会

地元企業と日大、菊芋を活用

7月29日号

湘南国際アカデミー

藤沢市委託事業「入門的研修」申し込み受付中。受講料無料。

https://si-academy.jp/fujisawa_nyumon/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook