神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2022年9月16日 エリアトップへ

遊行かぶき 26年の歴史に幕 最終公演、9月30日から

文化

公開:2022年9月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
本番に向けて稽古する俳優と指導する白石さん(左)
本番に向けて稽古する俳優と指導する白石さん(左)

 地域に演劇文化を根付かせようと公演を続けてきた「遊行かぶき」が26年の歴史に幕を閉じる。「さよなら記念講演」を月末に控え、脚本・演出の白石征さん(82)は、「ぜひ多くの人に観ていただき、演劇ならではの一期一会の感動を味わってほしい」と話す。

 遊行かぶきを企画する演劇集団「遊行舎」は1995年に結成。当時、地域に根差した文化・芸能活動を行う市民団体「遊行フォーラム」のメンバーの一人だった白石さんが立ち上げた。

 かつて劇作家・寺山修司の編集者で、没後は自ら演劇を手掛けていた白石さん。「藤沢独自の演劇を作ろうと考えた」と振り返る。

 「生活に息づく演劇」も掲げた。演者やスタッフはプロではなく、主婦や学生など市民中心に集めた。会場も説経節と呼ばれる中世の芸能ジャンルにちなみ、遊行寺を選んだ。素人への指導や、劇場ではない会場の大変さもあったが、それ以上に地域性を重んじた。

 その翌年、「遊行かぶき」第1回の公演を同寺本堂で実施。演目は「小栗判官と照手姫」。現世とあの世を超えて苦難を乗り越えて結ばれる愛の物語で、2人の墓が遊行寺にあることから選び、成功させた。

 その後は質の高い演劇を定期的に披露し、チケット枚数にしてのべ5万から6万枚となる多くの人たちに演劇を届けた。市民まつりでの公演や2014年には遊行寺からより大きな市民シアターになるなど認知度を上げ、成長しながら公演を続けてきた。

 そんな中での解散。「私も82歳。スタッフもみな高齢化して区切りをつけようと決めた」と白石さん。だが、成果もあった。「中世5大説経節を全て上演。台本と演出、演劇スタイルが完成した」。次世代に向けては「ぜひ、発掘して再構築してほしい」と願いを託した。



 最終公演の題目は原点の「小栗判官と照手姫」。9月30日から10月2日まで湘南台市民シアターで上演される。前売り券2800円。申し込み、詳細は同舎【電話】0466・34・9841。

藤沢版のトップニュース最新6

即席応援団に再び光

日大藤沢サッカー部

即席応援団に再び光

スポーツマンシップに賞

7月19日

“赤いじゅうたん”育み15年

“赤いじゅうたん”育み15年

小出川彼岸花団体に栄誉

7月19日

搬送数昨年比7件増

熱中症

搬送数昨年比7件増

暑さ避け水分補給を

7月12日

踏切道廃止で安全確保へ

藤沢本町駅周辺整備

踏切道廃止で安全確保へ

市が8年後の完成目指す

7月12日

官民協働 未来のまちへ

湘南大庭地区

官民協働 未来のまちへ

活性化指針、素案まとまる

7月5日

ファン支援で“ホピ子”復活

ファン支援で“ホピ子”復活

葛原から再びレースの頂へ

7月5日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催 

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202308/57162.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook