神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2023年10月13日 エリアトップへ

ロボテラス 7エリアで近未来体験 あすリニューアルオープン

社会

公開:2023年10月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
新たに設置されるAR技術を使った最先端のトレーニングマシン(市提供)
新たに設置されるAR技術を使った最先端のトレーニングマシン(市提供)

 藤沢市と(公財)湘南産業振興財団が運営する「ロボテラス」(辻堂神台)があす10月14日(土)にリニューアルオープンする。これまでは生活支援ロボットに特化したショールームとして一般開放してきたが、体験要素をより重視し、AR(拡張現実)技術やプログラミングなどさまざまな最先端技術に触れることができる施設へと生まれ変わる。関係者は「未来の技術を体験しに足を運んで」と来場を呼び掛けている。

 同施設は2014年12月に開設。国が指定する藤沢など10市2町の「さがみロボット産業特区」を象徴する施設として、生活支援ロボットの普及啓発を担ってきた。

 今回の改修では、ロボットだけでなくさまざまな最先端技術の展示・体験施設として刷新。212平方メートルの施設内を子どもたちがプログラミングを体験できる「しかける」や、最新のIOT家電などを配置した「ためせる」など7つの要素ごとにエリア分けし、来場者が体験できるコンテンツを豊富に揃えた。

 オープン後はワークショップなども実施し、市民に最先端の技術に触れてもらえる場として活用していくという。

デジタル技術発信

 市はデジタル技術で行政課題の解決を目指す「スマートシティ」の推進に取り組む。22年4月には基本的な考え方や方向性を定めた「市スマートシティ基本方針」を策定した。

 今回の改修ではそうした市の取り組みを発信するとともに、最先端の省エネ技術を駆使した「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(SST)」=辻堂元町=や大学構内で自動運転バスの研究を進める「慶応大学湘南藤沢キャンパス(SFC)」=遠藤=なども紹介。産官学による取り組みを継続的に発信し、機運の醸成に役立てたい考えだ。市デジタル推進室では「市民の皆様に最先端のデジタル技術を身近に感じるきっかけにしてもらえれば」と話している。

 入場無料。開館は午前10時から午後5時。日・月・祝日ほか休館。アクセスはJR辻堂駅北口徒歩4分の「アイクロス湘南」3階。問い合わせはロボテラス【電話】0466・52・5622。

藤沢版のトップニュース最新6

公民学連携の都市形成を

村岡新駅周辺地区

公民学連携の都市形成を

商工会館でシンポ、事例紹介も

3月1日

一般会計が過去最大

藤沢市予算案

一般会計が過去最大

継続事業中心に課題対応

3月1日

鈴木氏4選2氏破る

藤沢市長選

鈴木氏4選2氏破る

実績強調、多選批判かわす

2月23日

120周年 児童ら手作り

明治小

120周年 児童ら手作り

地域住民と節目祝う

2月23日

会社員ボクサーが世界戦

プレス工業阿部麗也さん

会社員ボクサーが世界戦

3月フェザー級王者に挑む

2月16日

ケアラー支援へ条例を

ケアラー支援へ条例を

市議会がシンポジウム

2月16日

馬肉専門販売店

1500円以上お買い上げの方、「タウン見た」でユッケプレゼント

https://rarea.events/event/112428

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook