鎌倉版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

アンサンブル21かまくらの女性史編さん部会の部会長を務める 横松 佐智子さん 長谷在住 65歳

55歳から鎌倉を知る

 ○…市と市民団体アンサンブル21との共同で企画・制作されてきた「かまくらの女性史」。集大成となる第4集がこのほど出版された。編さん部会の部会長を7年前より務めており、第1集より編さんに携わっている。「10年かけてまとめてきたこの女性史は私たちの自信作。多くの方に手に取って欲しい」と語る。

 ○…千葉県生まれ。幼いころから建築物に興味があり、日本女子大学で住居を専攻、卒業後は一級建築士として活動していた。夫の親戚が湘南地区に多いこともあり、鎌倉に越してきたのは27年前。仕事を続けながら2人の息子を育て上げた。「当時は仕事に追われていて、鎌倉には寝に帰るだけ。街のことは隣近所くらいしか知らなかった」と苦笑い。55歳のとき、「仕事以外の生活も充実させたい」と思い、勤めていた建築事務所を早期退職。自宅で個人事務所を構えた。そんな折、市の広報で「女性史編さん員募集」の記事を見つけ、応募。30人を超える仲間とともに、編さん活動を開始した。「初めてのことばかりで毎日が勉強。55歳から鎌倉での人生がスタートした」と振り返る。

 ○…女性に関する活字資料はほとんど残されていないため、編さんの主な手法は「聞き書き」。取材を進める間にも当時の様子を知る人たちが亡くなるなど、状況変化に「歴史が消えていくと焦った」とし「私たちが記録を残さなくては」と使命感に燃えた。当初の予定にはなかった第2集以降も、編さん員が市にかけあい実現。「30代後半から90歳くらいまでの女性が激論を交わすの。すごい迫力で、一人だけいた男性メンバーはびっくりしたみたい」と笑った。

 ○…現在は夫と2人暮らし。油絵を趣味にしており、昨年初めて市の美術展に出展した。「今の取り組みが落ち着いたら、絵に力を入れようかな」とにっこり。「集めた女性史の資料を一般閲覧できるようにしたい」と今後について語った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク