神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2014年11月28日 エリアトップへ

衆議院神奈川4区 4氏による争いか 前職2氏を2新人追う

政治

公開:2014年11月28日

  • X
  • LINE
  • hatena

 解散に伴う衆議院総選挙は12月2日公示、14日に投開票が行われる。神奈川4区(鎌倉市、逗子市、葉山町、横浜市栄区)では、前職2人と新人2人が立候補に向けた準備を進めている。

 注目されるのは2年前の選挙で10万票余りを獲得し、当選した浅尾慶一郎氏(50)の動向だ。

 代表を務めるみんなの党が11月28日に解党することが決定。4区からの立候補は確実視されているものの、他党への合流や新党の立ち上げ、無所属での出馬など様々な可能性が取り沙汰されている。

 「改革のメニューを競う選挙にするべき」として、行財政改革のほか農協、医療、電力など様々な分野での制度改正、規制緩和の推進を訴える方針だ。

 前回は浅尾氏の後塵を拝したものの、比例区で復活当選を果たした自民党公認の山本朋広氏(39)は、小選挙区での議席を狙う。

 山本氏は同党の候補者公募により2005年、京都2区から立候補し初当選。09年の衆院選で落選した後、11年1月に神奈川4区支部長に就任した。

 今年9月には文部科学大臣政務官兼復興大臣政務官に就任。自民党が行ってきた経済政策「アベノミクス」などの継続、東日本大震災の被災地における復興の加速を訴える。

 日本共産党栄区委員会副委員長の加藤勝広氏(70)は、同党の公認により前回に続いて立候補を予定している。

 「アベノミクスは大企業、富裕層に恩恵をもたらしただけで庶民に景気回復の実感はない」と批判。そのうえで、自民党政権が進めてきた消費増税や集団的自衛権、原発、沖縄の米軍基地問題、TPPという5項目についての転換を訴える。また、少子高齢化社会を踏まえ、高齢者がいきいきと暮らせる地域作りを進めるとする。

 無所属での出馬準備を進めているのが、荻原隆宏氏(44)だ。荻原氏は横浜市会議員を2期5年務めた後、前回の選挙に民主党から立候補し落選していた。

 今年8月に同党を離党。安倍総理による衆議院解散を「集団的自衛権に関する憲法解釈の変更や原発の再稼働など、国民不在で進められてきた現在の政治を象徴するもの」と批判する。そして「民意に基づいた政治」を掲げて、住民投票制度の整備などを通じて、地方分権の推進を訴えていく考えだ。

(11月25日起稿)

鎌倉版のトップニュース最新6

難民と話す機会に

材木座はつひので

難民と話す機会に

カレー会を毎月開催

2月23日

小町通り出店に新ルール

小町通り出店に新ルール

足並みにズレ、商店会策定

2月23日

「かまくら献血部」始動

「かまくら献血部」始動

白血病患った小野里さん

2月16日

観光甲子園でグランプリ

北鎌倉女子学園

観光甲子園でグランプリ

「空飛ぶクルマ」で県内周遊

2月16日

腎臓病患者、助けるアプリ

腎臓病患者、助けるアプリ

栄養管理に宅配食とも連携

2月9日

手作り校歌額が完成

腰越中

手作り校歌額が完成

589マスを1文字ずつ彫刻

2月9日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook