鎌倉版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

衆議院神奈川4区 4氏による争いか 前職2氏を2新人追う

政治

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 解散に伴う衆議院総選挙は12月2日公示、14日に投開票が行われる。神奈川4区(鎌倉市、逗子市、葉山町、横浜市栄区)では、前職2人と新人2人が立候補に向けた準備を進めている。

 注目されるのは2年前の選挙で10万票余りを獲得し、当選した浅尾慶一郎氏(50)の動向だ。

 代表を務めるみんなの党が11月28日に解党することが決定。4区からの立候補は確実視されているものの、他党への合流や新党の立ち上げ、無所属での出馬など様々な可能性が取り沙汰されている。

 「改革のメニューを競う選挙にするべき」として、行財政改革のほか農協、医療、電力など様々な分野での制度改正、規制緩和の推進を訴える方針だ。

 前回は浅尾氏の後塵を拝したものの、比例区で復活当選を果たした自民党公認の山本朋広氏(39)は、小選挙区での議席を狙う。

 山本氏は同党の候補者公募により2005年、京都2区から立候補し初当選。09年の衆院選で落選した後、11年1月に神奈川4区支部長に就任した。

 今年9月には文部科学大臣政務官兼復興大臣政務官に就任。自民党が行ってきた経済政策「アベノミクス」などの継続、東日本大震災の被災地における復興の加速を訴える。

 日本共産党栄区委員会副委員長の加藤勝広氏(70)は、同党の公認により前回に続いて立候補を予定している。

 「アベノミクスは大企業、富裕層に恩恵をもたらしただけで庶民に景気回復の実感はない」と批判。そのうえで、自民党政権が進めてきた消費増税や集団的自衛権、原発、沖縄の米軍基地問題、TPPという5項目についての転換を訴える。また、少子高齢化社会を踏まえ、高齢者がいきいきと暮らせる地域作りを進めるとする。

 無所属での出馬準備を進めているのが、荻原隆宏氏(44)だ。荻原氏は横浜市会議員を2期5年務めた後、前回の選挙に民主党から立候補し落選していた。

 今年8月に同党を離党。安倍総理による衆議院解散を「集団的自衛権に関する憲法解釈の変更や原発の再稼働など、国民不在で進められてきた現在の政治を象徴するもの」と批判する。そして「民意に基づいた政治」を掲げて、住民投票制度の整備などを通じて、地方分権の推進を訴えていく考えだ。

(11月25日起稿)

鎌倉版のトップニュース最新6

5千円電子クーポン配布へ

5千円電子クーポン配布へ 経済

12月15日から利用可能

10月16日号

「困窮者世帯に食料を」

ふらっとカフェ鎌倉

「困窮者世帯に食料を」 社会

「パントリー」実施へ資金募る

10月16日号

免許返納者に助成券交付へ

免許返納者に助成券交付へ 社会

事故防止と外出機会増狙う

10月9日号

空撮映像、観光に活用へ

空撮映像、観光に活用へ 社会

ドローン協会が県と連携

10月9日号

宿泊施設へ手荷物配送

宿泊施設へ手荷物配送 経済

市観光協会が新サービス

10月2日号

スタンプ集めて地元応援

稲村ガ崎

スタンプ集めて地元応援 コミュニティ社会

24店参加の「ラリー」開催

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク