鎌倉版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

ドメイン鎌倉ネット 最低4年間使用可能に 利用者の声受け期間延長

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 「ドメインは財産。慣れ親しんだメールアドレスをずっと使わせてほしい」。地元ケーブルテレビ局が提供してきたインターネットサービスのドメインが、事業者の合併により使用できなくなる可能性があるとして、市民団体が存続を求めて活動している。事業者はこのほど、1年間の移行期間に加えて最低3年間、有償で使用を延長する措置を決めた。

 市民向けIT講座などを開催する特定非営利活動法人「鎌倉シチズンネット」(鍋島久夫理事長)は、昨年11月以降、「@kamakuranet.ne.jp」(以下、鎌倉ネット)のドメイン(ネット上のグループを管理するための名前)の存続を求めて活動している。

 「鎌倉ネット」は2000年、(株)鎌倉ケーブルコミュニケーションズのインターネットサービスで使用が始まった(委託先は富士ソフトABC)。2007年に同社の経営権はジャパンケーブルネット(株)に移り、社名も(株)JCN鎌倉となったが、JCN独自のネットサービスと並行して、鎌倉ネットのドメインによるサービスも継続されてきた。現在、契約者は9452人、アカウント数は1万3017に上る。

 そんな鎌倉ネットの廃止は、昨年4月にジャパンケーブルネット(株)と(株)ジュピターテレコム(ジェイコム)が合併したことをきっかけに検討が始まった。ジェイコムが存続会社となったことで、JCN鎌倉が(株)ジェイコム鎌倉へ名称を変更するなど、ブランドの統一が進められている。

 ドメインもその一環で、旧JCN南横浜局のエリアでは昨年10月、「1年間の移行期間を設けた上で、ジェイコムのネットサービス(ZAQ)へ移行する」ことが利用者に通知された。

市民団体が存続訴え

 こうした動きを受け、「鎌倉ネットも利用できなくなる可能性がある」として、同団体は昨年11月、メールアドレスがSNSや銀行、通販などのサービス利用に必須な「財産」となっている現状や、鎌倉という名前が入った愛着あるドメインであることを理由に、ジュピターテレコムに鎌倉ネットの存続を求める要望書を送付。同12月の市議会に、株主である鎌倉市から存続を働きかけるよう求める陳情を提出し、総務常任委員会で採択された。

 これを受けジュピターテレコムは「鎌倉ネット」について、1年間の移行期間終了後、さらに有償で3年間使用できる措置を決定。1月26日に利用者に連絡した。「移行期間」は2016年1月31日までの予定。その後の有償期間は月額数百円の負担になる見込みという。同社神奈川ブロックの担当者は「市民に愛されたドメインだということが改めて分かり対応を決めた。有償利用の期間は延長ができないか、引き続き検討していく」とする。

 一方、鎌倉シチズンネットは「十分なITの知識がない高齢者などに、大きな混乱が起こる可能性がある。事業者は負担や影響を考えてほしい」として、有償期間の延長など引き続き存続を訴える考えだ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

5千円電子クーポン配布へ

5千円電子クーポン配布へ 経済

12月15日から利用可能

10月16日号

「困窮者世帯に食料を」

ふらっとカフェ鎌倉

「困窮者世帯に食料を」 社会

「パントリー」実施へ資金募る

10月16日号

免許返納者に助成券交付へ

免許返納者に助成券交付へ 社会

事故防止と外出機会増狙う

10月9日号

空撮映像、観光に活用へ

空撮映像、観光に活用へ 社会

ドローン協会が県と連携

10月9日号

宿泊施設へ手荷物配送

宿泊施設へ手荷物配送 経済

市観光協会が新サービス

10月2日号

スタンプ集めて地元応援

稲村ガ崎

スタンプ集めて地元応援 コミュニティ社会

24店参加の「ラリー」開催

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク