鎌倉版 掲載号:2015年6月5日号 エリアトップへ

かながわ音楽コンクールのヴァイオリン部門で県知事賞を受賞した 片山 遥さん 梶原在住 18歳

掲載号:2015年6月5日号

  • LINE
  • hatena

「自分らしさ」演奏で表現

 ○…「出番が一番最後でプレッシャーはありましたが、自分らしい演奏ができたのが良かったと思います」。5月6日に行われた「かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門で大賞となる県知事賞を獲得した。挑んだのはロシアの作曲家・プロコフィエフの協奏曲。「一見冷たいけれど情熱を秘めたこの曲の奥深さを、大舞台で披露できてうれしかった」と朗らかに語る。

 ○…4歳のとき、幼稚園の友人の影響でヴァイオリンを始めた。「練習はちょっと苦手だったけれど、舞台に立つことは大好き。人に聞いてもらうのが楽しくて」どんどんのめり込んでいったという。市内などで開催されたコンクールに出場するうちに、「もっと本格的にやっていきたい」と決意。東京芸術大学附属音楽高校では、全国から実力者が集まる環境で腕を磨き、室内楽やオーケストラなど多様な表現にも挑戦した。

 ○…成長を感じながらもコンクールでは思うような結果が出せなかった高校時代。卒業後すぐに参加したベルギーでのコンクールで転機が訪れた。初めての海外での演奏に緊張したが「外国の出場者がみんな、本当に自由な演奏をしていた。『賞を取るため』よりも自分らしい音楽をやろう、と視野が開けました」。持ち味である豊かな感情表現を発揮し、2位に入賞した。現在は4月に進学した東京芸大で練習に明け暮れる。「表現の幅を広げるためにも今は基礎を一からやり直しているところ。音楽に限らず色々なことに挑戦したい。自分が成長した分だけ演奏も豊かになる気がするので」と涼しげな眼差しで未来を見つめる。

 ○…音楽好きの父親や仲のいい妹からは「少し辛口」なアドバイスをもらい、祖父母はコンサートの度に会場へ駆けつける。「周りの支えがあったから今の私がある。一人前のヴァイオリニストになったら鎌倉でコンサートを開いて、多くの人に楽しんでもらえる演奏をしたい」と微笑んだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

佐々木 真史さん

日本基督教団鎌倉教会で始まった新人芸術家支援活動のプロデューサー

佐々木 真史さん

東京都在住 51歳

11月8日号

伊藤 玄二郎さん

「かまくら春秋社」の代表で、このほど神奈川文化賞を受賞した

伊藤 玄二郎さん

藤沢市在住 75歳

11月1日号

五十嵐 めぐみさん

大船ハロウィンウォークを発案したNPO法人hinataboccoの代表理事

五十嵐 めぐみさん

大船在住 42歳

10月25日号

高橋 佳子さん

NPO法人ふぁみりぃの理事長に就任した

高橋 佳子さん

由比ガ浜在住 47歳

10月18日号

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

齋藤 俊光さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

齋藤 俊光さん

川崎市在住 59歳

10月4日号

松原 洋平さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

松原 洋平さん

大船在住 34歳

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大船で献血呼びかけ

鎌倉LC

大船で献血呼びかけ

次回は3月14日実施

3月14日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク