鎌倉版 掲載号:2015年6月5日号 エリアトップへ

かながわ音楽コンクールのヴァイオリン部門で県知事賞を受賞した 片山 遥さん 梶原在住 18歳

掲載号:2015年6月5日号

  • LINE
  • hatena

「自分らしさ」演奏で表現

 ○…「出番が一番最後でプレッシャーはありましたが、自分らしい演奏ができたのが良かったと思います」。5月6日に行われた「かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門で大賞となる県知事賞を獲得した。挑んだのはロシアの作曲家・プロコフィエフの協奏曲。「一見冷たいけれど情熱を秘めたこの曲の奥深さを、大舞台で披露できてうれしかった」と朗らかに語る。

 ○…4歳のとき、幼稚園の友人の影響でヴァイオリンを始めた。「練習はちょっと苦手だったけれど、舞台に立つことは大好き。人に聞いてもらうのが楽しくて」どんどんのめり込んでいったという。市内などで開催されたコンクールに出場するうちに、「もっと本格的にやっていきたい」と決意。東京芸術大学附属音楽高校では、全国から実力者が集まる環境で腕を磨き、室内楽やオーケストラなど多様な表現にも挑戦した。

 ○…成長を感じながらもコンクールでは思うような結果が出せなかった高校時代。卒業後すぐに参加したベルギーでのコンクールで転機が訪れた。初めての海外での演奏に緊張したが「外国の出場者がみんな、本当に自由な演奏をしていた。『賞を取るため』よりも自分らしい音楽をやろう、と視野が開けました」。持ち味である豊かな感情表現を発揮し、2位に入賞した。現在は4月に進学した東京芸大で練習に明け暮れる。「表現の幅を広げるためにも今は基礎を一からやり直しているところ。音楽に限らず色々なことに挑戦したい。自分が成長した分だけ演奏も豊かになる気がするので」と涼しげな眼差しで未来を見つめる。

 ○…音楽好きの父親や仲のいい妹からは「少し辛口」なアドバイスをもらい、祖父母はコンサートの度に会場へ駆けつける。「周りの支えがあったから今の私がある。一人前のヴァイオリニストになったら鎌倉でコンサートを開いて、多くの人に楽しんでもらえる演奏をしたい」と微笑んだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

岡田 厚さん

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』を自費出版した

岡田 厚さん

西鎌倉在住 73歳

1月29日号

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク