鎌倉版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

鎌倉市議会議長に就任した 前川 綾子さん 浄明寺在住 55歳

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena

「議論のための環境作りを」

 ○…6月10日に開会した市議会定例会で、議長に選出された。女性議長の誕生は市政初。「プレッシャーはありますが、時代が変わってきたことの表れだと思う。副議長の吉岡和江さん(共産)とも力を合わせて、まずは市民に分かりやすい運営を心掛けたい」と意気込みを語る。

 ○…二階堂で生まれ育った生粋の鎌倉人。大学卒業後、広告代理店勤務を経て1987年に結婚し、一男一女に恵まれた。長男が小学生の時、鎌倉市PTA連絡協議会の会長を務めた。「実はこの時も初の女性会長でした」と笑うが、これが人生の転機に。働きを見た知人から「女性の目線で教育、子育てに取り組んでほしい」と市議選への出馬を打診された。「それまで普通の主婦で、政治の知識は全くなかった。文字通りのたうちまわって悩みました」。それでも「自分の経験が活かせるなら」と立候補を決意。2005年に初当選を果たし、3期目を迎えた現在まで教師、保護者、子ども、それぞれの立場を思いやる「共育」の実現に力を注いでいる。

 ○…議員になって以来、「相手に伝わるまで、きちんと話すこと」を心がけてきた。議員提案により成立、今年1月に施行された「議会基本条例」では議員間討議が明記されるなど、議会でも議論のあり方、質を高める取り組みが続く。「立場や信条が違えば、当然意見も違ってくる。異なる意見をぶつけ合いながら、課題に対する答えを見つけられる環境づくりを進めたい」と言葉に力を込める。

 ○…子どもの頃から「動物や植物が大好き」。特に鳥がお気に入りで、図鑑を眺めては庭を訪れる小鳥たちの名前を覚え、さえずりで種類が分かるようになった。現在も時間があれば、ガーデニングやバードウォッチングを楽しむ。「イライラしている時でも、鳥の鳴き声が聞こえてくると、やっぱり気持ちが和らぎますね」。そう言うと柔らかな微笑みを見せた。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク