鎌倉版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

鎌倉と源氏物語 〈第7回〉 1歳年上の同世代無住と第5代執権・時頼

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena
建長寺仏殿
建長寺仏殿

 「武士の都」として知られる鎌倉ですが、『源氏物語』と深い関係があることはあまり知られていません。文化薫る歴史を辿ります。

 松下禅尼が上東門院(じょうとうもんいん)を敬愛していたというエピソードを『雑談集』に残した鎌倉時代の僧・無住(むじゅう)は、仏教説話集『沙石集』で有名です。梶原氏の出身と伝えられていますが、詳細はわかっていません。

 1226年の生まれですから、第5代執権北条時頼より1歳年上。同時代を生きた無住が実際に見聞したことを書いたものとしてとても貴重な記録です。

 その無住の『雑談集』によると、上東門院に倣って仏教を篤く信仰した松下禅尼は、仏教を信じない者は召し使わなかったとのこと。そのような環境だったからか、幼い頃の時頼は仏像やお堂を作って遊ぶのが好きだったそうです。

 乳母父の御家人たちはそれを見咎め、武士の子らしく弓矢をこそ練習すべきと止めようとしました。しかし、祖父の第3代執権泰時が「この子は釈迦のために祇園精舎を建てた大工の棟梁の生まれ変わりなのだ」と御家人たちを制します。

 泰時は夢でそれを見たのだと理由を言いましたが、果たして後年、成長した時頼は実際に建長寺を建立したのでした。

 この時、祖父・泰時はまだ兄の経時だけを執権候補として特別扱いで育てています。その分、時頼は母・松下禅尼と過ごす時間が多く、仏教信仰の影響も大きく受けて育ったのでしょう。

       織田百合子
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク