鎌倉版 掲載号:2016年9月30日号 エリアトップへ

大船警察署の署長に就任した 田畑 直義さん 大船在住 56歳

掲載号:2016年9月30日号

  • LINE
  • hatena

今後も安心安全なまちに

 ○…大船警察署の署長に就任して1カ月ほど。まちの印象について「治安も良く、とても落ち着いている」とし、「諸先輩の努力によって安心安全が維持されてきた。それを受け継ぐ責任の重さを感じている」と背筋をのばす。

 ○…福岡県出身。小学6年生のときに浅間山荘事件が発生。「ニュースで恐ろしい事態にも果敢に立ち向かう警察官の姿を見て、自分もなりたいと憧れた」という。大学卒業後に神奈川県警へ。横浜の伊勢佐木署から警察官人生をスタートさせた。管内に県内随一の繁華街もあり「次から次に問題が発生して昼も夜もなく駆け回っていた」と振り返る。そんななか、先輩から教えられたのは「仕事は人のため、被害者のため、住民のため」という考え方。「被害に大小はなく、被害者にとって事件は等しく重大な損失。今でもこの言葉を胸にきざみ、真摯に向き合うことを常に意識している」と語る。

 ○…藤沢や川崎、大和などへの異動を経て、刑事として8年勤務。直前に配属された県警本部交通捜査課では葉山のひき逃げ事件を担当した。「とにかく『忙しい』の一言だった。けれど、担当した事件で出会った被害者の悲痛な訴えを耳にすると、立ち止まってはいられなかった」と話す。新たにのぞむ大船のまちについては「人と人との絆を大切に、まずは私自身が住民の皆さんと信頼関係を築いていきたい。管内は史跡や自然が豊かな場所。鎌倉では毎年妻と七福神めぐりをしていましたが、これまで以上にまちを知っていくのが楽しみ」と語った。

 ○…現在は大船の官舎に1人で暮らすが、戸塚の自宅から妻が食事を作りに来る日もあるという。「帰って温かいご飯がある日はほっとします」と笑う。また、長女は警察事務、次女は警察官として県内で働いている。「まさか娘が同じ道を歩むとは。親として心配はあるけれど、うれしいですね」と目尻にしわを寄せた。

鎌倉版の人物風土記最新6

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

齋藤 俊光さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

齋藤 俊光さん

川崎市在住 59歳

10月4日号

松原 洋平さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

松原 洋平さん

大船在住 34歳

9月27日号

矢野 元晴さん

自身初となる画集「平成鎌倉の記憶」を出版した水彩画家

矢野 元晴さん

浄明寺在住 30歳

9月20日号

高橋 健治さん

NPO法人鎌倉ガイド協会の会長を務める

高橋 健治さん

腰越在住 75歳

9月13日号

高橋 浩太郎さん

全国消防救助技術大会「ロープブリッジ渡過」種目でトップタイムを記録した

高橋 浩太郎さん

城廻在住 29歳

9月6日号

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

神奈川県美術展「書」部門で大賞を受賞した

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

西御門在住 60歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク