鎌倉版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

ハワイ伝統カヌー 初の日本人クルー 内野さん長谷のカフェでトークイベント

社会

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
4月から長谷に移り住んだ内野さん
4月から長谷に移り住んだ内野さん

 GPSやエンジンといった機械はもちろん、海図やコンパスも使わずに星や月、風を読んで航海するハワイの伝統カヌー「ホクレア号」。日本人初のクルーで、2007年にはハワイ―日本間1万3千キロの航海に参加した内野加奈子さん(長谷在住)が10月30日(日)にトークイベントを開催する。当時の様子や、現在の活動について聞いた。

ハワイの誇り

 自分たちの祖先はどうやって海を渡ってきたのか。ハワイの人々にとってルーツに関わるこの問いに対し1970年代始め、伝統カヌー復活プロジェクトが立ち上がった。

 ハワイでは数百年にわたり途絶えていた伝統カヌー。その航海術はもちろん、船体のデザインなどの記録も残されていなかったため、ミクロネシアに伝わるものを参考に古代からの方法で建造。1976年、同地の伝統航海術士マウ・ピアイルグ氏の協力を得ながら3千キロ離れたタヒチへの航海を成功させた。

 エンジンを持たず、自然の力と人間の知恵のみで進むホクレアの成功はハワイの人々に大きな驚きと自信を与え、伝統文化を大切に継承する世論に繋がったという。その後もホクレアは航海を続け「古代ポリネシア人が島々を自在に行き来していた」という説を身をもって証明したのだった。

日本人初のクルー

 この船に日本人で初めて乗りこんだのが内野加奈子さんだ。内野さんは大学生の時に三宅島の海に潜り、その魅力に目覚めた。海に関わる仕事がしたいと考えていたところ、友人からホクレアについて聞きハワイ大学大学院への進学を決意。2000年から海洋学を学ぶかたわら、クルーになるための伝統航海術の習得や船体の整備に携わるようになり、04年に初めて乗船して以降、数多くの航海に参加した。

5カ月かけ日本へ

 07年1月、ハワイから1万3千キロ離れた日本に向けホクレアは出発した。ポリネシア文化圏を飛び出す歴史的な航海だった。

 クルーは内野さんを含め20〜60代の11人。キャプテン1人と進路を決定するナビゲーター1人が指揮を執り、決められた時間に3人1組で舵をとる。

 海上での生活は危険と隣り合わせで制約も多いが、得たものは大きかったという。「海の上にいると『潜在能力』のようなものが目覚めてどんどん感覚が研ぎ澄まされてくる。自分も自然の一部なのだと実感した」と語る内野さん。5カ月後に沖縄が見えたときは「なんて美しい島なんだろうとクルー全員で感激しました」と振り返る。

 内野さんはこの航海の様子をまとめた『ホクレア 星が教えてくれる道』(小学館)を08年に出版し高校教科書に採録された。現在は宮崎県や鹿児島県など日本各地で自然を知るきっかけ作りを行う「海は学校」というプロジェクトを主宰している。逗子市で行っている同プロジェクトの比重が大きくなってきたため今年の4月から市内長谷に住み始めた。「帰ってくるたびにほっとします」と落ち着いた雰囲気が気に入っているようだ。

 トークイベント「ホクレア 星が教えてくれる道」は10月30日(日)、カフェ・ルオント(長谷2の11の21)で開催される。午後5時から8時まで。予約制で定員20人。3500円(食事・ドリンク・デザート付き)。

 予約や問い合わせは【電話】0467・53・8417へ。
 

海を見つめるクルー(上)と航海中のホクレア号(=内野さん提供)
海を見つめるクルー(上)と航海中のホクレア号(=内野さん提供)

鎌倉版のローカルニュース最新6

21年版カレンダー発売

鎌倉市観光協会

21年版カレンダー発売 文化

見やすいデザイン初採用

10月30日号

鎌倉の「今と未来」テーマに

鎌倉の「今と未来」テーマに 社会

今週末、市民活動フェス

10月30日号

市内在住者累計133人に

市内在住者累計133人に 社会

新型コロナウイルス感染

10月30日号

迅速に救命活動70代男性救う

迅速に救命活動70代男性救う 社会

JA職員に感謝状

10月30日号

対象品最大20万円割引に

「かもめクーポン」発行開始

対象品最大20万円割引に 経済

10月30日号

俳句・川柳を募集

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク