鎌倉版 掲載号:2017年6月23日号 エリアトップへ

長谷寺の本尊「十一面観音菩薩」の由緒を絵本にまとめた 松田 寿空(じゅくう)さん 逗子市在住 59歳

掲載号:2017年6月23日号

  • LINE
  • hatena

「観音様の物語分かりやすく」

 ○…長谷寺の本尊「十一面観音菩薩」の由緒を『鎌倉はせでら不思議物語』と題した絵本にまとめ、このほど出版した。大和国(現在の奈良県)で見つかった霊木から観音像が彫られ、海を渡って現在の場所に安置されるまでを、ユーモラスなタッチで描いている。「これを機に、地元の人や子どもたちにも観音様と長谷寺の由緒に興味を持ってもらえたら」と語る。

 ○…徳島県出身。上京して放送関係の専門学校に進学。「ピンクレディーに会いたかった」とテレビ局の美術スタッフとして働き始めた。その後、映像制作会社や音楽スタジオなどでキャリアを積むなか、32歳で結婚。「40歳になったら大黒柱を交代しよう」と妻に提案し、実際に40歳からは「主夫」として家庭を支えた。「娘のため環境のいい場所に」と小学校入学を前に、都内から逗子市へ転居。娘が小学生になると日中に時間ができたため、庭師として働き始めたことが長谷寺との縁となった。

 ○…広報など寺内の様々な業務も担当していくうちに「もっと仏教の世界を知りたい」と思うように。50歳を過ぎてから仏教大学に入学し、同寺で修業を積んだ後、5年ほど前に僧侶となった。法話の際は「聞き手と同じ目線に立つ」ことを大切にしており、今回の絵本も昨年5月に境内で披露し、好評を博した紙芝居がもとになっている。「お経の中にあるドラマを、私なりに紐解いて、易しく伝えていけたら」と微笑む。

 ○…「興味がある事は何でも挑戦」がモットーだ。茶道や香道に親しみ、3年前には薩摩琵琶を始めた。「小説も書いてみたいね」と目を輝かせる。妻は岡山県、娘は都内で仕事に就いているため、現在は一人暮らし。ただ互いの生き方に口出しすることはほとんどないという。「バラバラに見えても、私たち家族はほどよいバランスで支え合っている。こだわりを持たないことが幸せの条件ですね」と穏やかな表情を見せた。

鎌倉版の人物風土記最新6

ひぐち かよさん

鎌倉警察署が企画した「詐欺退散」御朱印の絵を描いた

ひぐち かよさん

腰越在住 38歳

10月23日号

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

亀山 和明さん

鎌倉の「海」を描き続ける画家

亀山 和明さん

七里ガ浜在住 59歳

10月9日号

渡邊 令恵(ふみえ)さん

競技かるた「永世クイーン」で鎌倉山かるた会を主宰する

渡邊 令恵(ふみえ)さん

笛田在住 56歳

10月2日号

村岡 俊也さん

『新橋パラダイス 駅前名物ビル残日録』を出版した

村岡 俊也さん

二階堂在住 42歳

9月25日号

藤井 まりさん

精進料理塾「禅味会」を主宰し、国内外でその魅力を伝える

藤井 まりさん

稲村ガ崎在住 73歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク