鎌倉版 掲載号:2017年7月21日号 エリアトップへ

鎌倉ライフガードの一員として海水浴場の安全を守る 浅香 豪(たける)さん 横浜市在住 21歳

掲載号:2017年7月21日号

  • LINE
  • hatena

「明るく盛り上げ安全守る」

 ○…市内3カ所に開設された海水浴場の安全を守る鎌倉ライフガード所属のライフセーバーたち。約80人いるメンバーのなかで、現場を取り仕切る12人のマネージャーの1人に抜擢された。「責任のある役割を任されて身が引き締まる思い。若手らしく、明るく元気に盛り上げていきたい」と白い歯を見せる。

 ○…小学2年生で野球を始め、ピッチャーとして活躍。ただ高校野球の名門・横浜高校に入学後は、一度もレギュラーになれず苦しんだという。部活動を引退、推薦で大学進学も決まり「ぶらぶらしていた」高校3年生の冬、ライフセーバーをしていた担任教師から「水上安全法救助員の資格をとってみないか」と誘われる。「何か新しいことを始めたいと思っていた」と、すぐに挑戦を決めたが、参加した講習では人を引っ張りながら泳ぐなど、高度な水泳技術を要求された。「想像以上に大変だった」と振り返る。この経験を生かそうと、進学した神奈川大学でライフセービング部の門をたたいた。

 ○…同部の部員は各地の海水浴場で活動するライフセーバーの団体に所属することが習慣となっている。そこで選んだのが、水上安全法の指導員が所属していた鎌倉。ただ1年生のときはアルバイト三昧で、海水浴場での活動にはほとんど参加できなかったという。すると練習中「自分だけが技術的に劣っている」ことに気づいたと振り返る。翌年以降は毎日のように鎌倉の海へ通い、練習にも率先して取り組んできた。「ライフガードの中には自分の親より年上の人もいて、活動のことだけでなく、人生の先輩として刺激を受けることも多い。忙しいけれど、海での時間がどんどん楽しくなっている」と話す。

 ○…現在、部ではキャプテンを担っている。9月には大会が控えており「全国2位になった2年前の再現を目指して、チーム一丸となって良い成績を残したい」と爽やかに語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

亀山 和明さん

鎌倉の「海」を描き続ける画家

亀山 和明さん

七里ガ浜在住 59歳

10月9日号

渡邊 令恵(ふみえ)さん

競技かるた「永世クイーン」で鎌倉山かるた会を主宰する

渡邊 令恵(ふみえ)さん

笛田在住 56歳

10月2日号

村岡 俊也さん

『新橋パラダイス 駅前名物ビル残日録』を出版した

村岡 俊也さん

二階堂在住 42歳

9月25日号

藤井 まりさん

精進料理塾「禅味会」を主宰し、国内外でその魅力を伝える

藤井 まりさん

稲村ガ崎在住 73歳

9月18日号

鴻巣 龍太郎さん

9月3日付で大船警察署長に就任した

鴻巣 龍太郎さん

大船在住 58歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク