鎌倉版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

エアボクシング大会で最高齢チャンピオンに 長谷在住の田川さん

スポーツ

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena
チャンピオンベルトを巻きポーズを決める田川さん
チャンピオンベルトを巻きポーズを決める田川さん

 長谷在住の田川永吉さん(大橋ボクシングジム所属・80)が9月10日、東京都で開催された第16回エアボクシング大会のレジェンド部門(60歳以上)で優勝し、大会史上最高齢のチャンピオンになった。

 エアボクシングは2009年、東日本ボクシング協会が幅広い世代にボクシングに親しんでもらおうと考案したもの。

 競技はリング上におかれた円をはさみ、相手と向き合ってシャドーボクシングを行う。フットワークやパンチの使い分け、相手の攻撃に合わせた的確な防御のタイミングといった評価基準が設けられ、実際の打ち合いを想定した採点で勝敗が決まる。レジェンド部門は1分2ラウンド制。1ラウンドで打つパンチは120発を超え、その運動量は実戦に匹敵するという。

7度目の挑戦で王座

 子どものころからボクシングが好きで、35歳の時に健康づくりのためにボクシングを始めたという田川さん。4年前、所属していた大橋ジムでエアボクシングに出会い、その面白さにのめり込んだ。

 2013年に初めて大会に出場。今回が7度目のベルトへの挑戦となった。当日は万全のコンディションではなかったというが「その分、闘志がわいてきた」とロッキーさながら生卵を6個飲んで試合に臨んだ。

 初戦の相手は前回大会のチャンピオンで3年間負けなしの強敵。しかし、手数で上回る相手に対して動きを読んだ的確なパンチとガード、軽快なフットワークが功を奏し田川さんが勝利を収めた。続く決勝戦では、これまで3戦全勝している相性の良い相手に貫録の試合運びを見せ、見事優勝を決めた。

 田川さんは「無我夢中でやったのが結果につながったのだと思う。長年の念願だった『チャンピオン』になれて嬉しい」と充実した表情で語る。

 現在も体力維持のため週4日は横浜にある大橋ジムに通い、サンドバックやミット打ちなど1時間半のトレーニングをこなしている田川さん。

 今後の目標を聞くと「これからもチャレンジ精神を忘れずボクシングを続けることができれば。100歳までベルトを保持したい」と笑顔で語った。

鎌倉版のローカルニュース最新6

バレエ映画上映・展示

LINEで子育て相談

LINEで子育て相談 社会

事前予約制で実施

1月8日号

女性のための健康相談

女性のための健康相談 社会

21日のほか、電話でも

1月8日号

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

小松亮太カルテット

小松亮太カルテット 文化

タンゴスペシャルコンサート

1月1日号

「魅力あるロータリークラブへ」

鎌倉大船ロータリークラブ×タウンニュース新春企画

「魅力あるロータリークラブへ」 社会

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク