鎌倉版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

鎌倉市内待機児童数 前年比39人減の69人に 「新基準」では100人超か

社会

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena
4月に定員を50人に拡大する鎌倉おなり小規模保育室
4月に定員を50人に拡大する鎌倉おなり小規模保育室

 認可保育所の利用を希望しながら入所させることができない「待機児童」の昨年10月1日時点での状況がこのほど、県から発表された。それによれば鎌倉市では昨年同時期に比べ39人少ない69人。ただ、昨年4月に厚生労働省が新たに定めた待機児童に関する基準では、100人以上になることが見込まれる。市では施設の新設を進めるとともに、幼稚園での延長保育の拡充などを通じて、待機児童の解消を目指す考えだ。

 神奈川県は毎年、4月1日時点と10月1日時点での県内各市町村の待機児童数を発表している。

 このほど明らかになった10月1日時点での状況では、鎌倉市内の待機児童は69人。利用希望が追加されるため、10月は例年4月に比べて増える傾向にあり、鎌倉市でも4月に比べて22人の増となる一方で、昨年の同時期に比べると39人の減少となった。

 ただ今回の集計は、厚労省が昨年4月、「育児休業中や休職中であっても、保育所に入ることができれば復職する意思がある場合も含む」とするなど、待機児童に関して行った定義の見直しを一部反映していないもの。「新基準」では47人としていた4月1日時点での市内の待機児童数が、109人と倍増しており、市保育課は「10月1日時点での状況について新基準に基づく調査はしていないが、4月と同様になると考えている」として、やはり100人超になると見込む。

新設や定員拡大へ

 こうした状況を受け、市は定員の拡充や施設の新設を進める。

 昨年10月1日に御成町在宅福祉サービスセンター2階にオープンした「鎌倉おなり小規模保育室」では、現在0〜2歳児19人となっている定員を、4月から4〜5歳も加え、50人にまで拡大する予定。急ピッチで施設の改装など準備が進められている。

 また、佐助の横浜地方法務局鎌倉出張所の跡地で19年4月に、浄明寺の県営住宅跡地で20年4月に、それぞれ保育施設を新設する予定だが、いずれも1〜2年後となる。

 そこで市内の幼稚園に働きかけ、預かりを午後5時前後までとする「延長保育」を拡充することなどで、少しでも待機児童の減少につなげたい考えだ。

 市は昨年11月、4月からの保育所の利用希望を受け付け、818件の申し込みがあったという。

 審査結果は今月下旬から通知され、年度末まで調整が続けられる。保護者にとっては引き続き、厳しい「保活」となりそうだ。

鎌倉版のトップニュース最新6

災害現場の情報提供へ

県タクシー協会鎌倉支部

災害現場の情報提供へ 社会

市内2署と協定締結

10月11日号

絵本作家19人が活動紹介

絵本作家19人が活動紹介 文化

イラスト・エッセイ入り冊子発行

10月11日号

通行止め受け臨時運行

神奈中バス

通行止め受け臨時運行 社会

栄光学園前―打越間で

10月4日号

6年ぶり東日本大会へ

腰越中吹奏楽部

6年ぶり東日本大会へ 文化

県勢唯一の出場決める

10月4日号

消火器設置を呼びかけ

鎌倉市消防本部

消火器設置を呼びかけ 社会

義務化控え対象店を巡回

9月27日号

ビール祭で被災地支援

商工会議所青年部

ビール祭で被災地支援 社会

来週末、市役所駐車場で

9月27日号

車両通行「10月中旬に」

玉縄地区「栄光坂」

車両通行「10月中旬に」 社会

バスは経路を変更

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク