鎌倉版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

東京バレエ団のプリンシパルダンサー 上野 水香さん 鎌倉市出身

「原点の地で最高の踊りを」

 〇…鎌倉が世界に誇るプリンシパルが、5年ぶりに地元への凱旋を果たす。6月16日(土)に鎌倉芸術館で開催される東京バレエ団公演『白鳥の湖』で、主役のオデット(白鳥)とオディール(黒鳥)を演じる。「私自身、最も多く踊ってきた作品の一つ。日常では感じることができない、愛と夢の世界を舞台上で表現出来たら」と微笑む。

 ○…鎌倉で生まれ育ち、5歳でバレエを始めた。転機は15歳で挑戦したローザンヌ国際バレエコンクール。スカラシップ賞を受賞し「プロになれる、という自信が初めて生まれました」と振り返る。モナコのバレエアカデミーへの2年間の留学などを経て2004年に東京バレエ団に入団すると、数々の公演で主演し、日本を代表するダンサーの一人として活躍してきた。

 ○…「上手く踊れると先生や家族が喜んでくれる。そのことがうれしかった」という幼少期。やがて「ステージに立つ喜び」が、厳しいレッスンを乗り越えるモチベーションとなった。トップダンサーとして走り続けてきた現在でも、その気持ちは少しも変わらない。「バレエは観客がいて初めて成立するもの。常に観客の皆さんと心を通わせ、エネルギーをもらいながら踊っています」

 〇…国内外を飛び回る慌ただしい日々にあって、故郷は常に身近で特別な場所だったという。今でも気が向けば稲村ヶ崎や七里ヶ浜まで車を走らせるそうで「海を眺めながらボーッとすることが一番のリラックス法なんです」と笑う。今回の公演を前に「実家にも近い芸術館は『いつか踊ってみたい』場所でした。5年前の『ジゼル』で夢が叶い、その時にも演者と観客の距離が近い、素晴らしい劇場だと感じました。今できる全てを、地元鎌倉の皆さんにお見せしたい」と意気込んだ。

鎌倉版の人物風土記最新6件

後藤 尚子さん

50周年を迎えた鎌倉彫会館の館長

後藤 尚子さん

10月19日号

仲田 順昌(じゅんしょう)さん

覚園寺の第31代住職に就任した

仲田 順昌(じゅんしょう)さん

10月12日号

大箭(おおや) 晃義さん

写真集『苔に光る 鎌倉の石仏』を出版し、10月20日に講座を開く

大箭(おおや) 晃義さん

10月5日号

津田 康有さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

津田 康有さん

9月28日号

瀬戸 たまさん

全日本武術太極拳選手権大会で3位入賞を果たした

瀬戸 たまさん

9月21日号

織田 百合子さん

今号で最終回を迎えた本紙連載コラム『鎌倉と源氏物語』の筆者

織田 百合子さん

9月14日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生活改善の機会に」

「生活改善の機会に」

薬剤師会が健康フェア

10月28日~10月28日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク