鎌倉版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

絵本『谷戸であそぼう 夏』を出版し、市内で原画展を開催している絵本画家 とみた しょうこさん 市内在住 50歳

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

自然と生命の美、描き出す

 ○…鬱蒼と茂った谷戸の緑、どろんこになって野山で遊ぶ子どもたちの笑顔―。このほど出版された絵本『谷戸であそぼう 夏』で絵を手がけ、鎌倉の自然の美しさや生命の躍動を不透明水彩で描き上げた。7月30日まで、御成町のギャラリーで原画展を開催中。「出版後、市内では初めてとなる展示会なので、多くの人に楽しんでほしい」と笑顔を見せる。

 ○…3年前の『谷戸であそぼう 春』に続いて自身2冊目となる今回の作品。前作に続いて市内で青空保育を行う「なかよし会」(1985年創設)の子どもたちをモデルに、同会創設者の相川明子さんの文章からイメージを膨らませた。「親子で楽しめる絵本を創りたい」と構図の工夫だけでなく「裸足で地面を踏みしめる幼児の足の指の力強さ」まで描こうと試行錯誤。3年掛かりで完成にこぎ着けた。

 ○…中学2年生の一人娘もなかよし会の「卒業生」。当時1歳の娘とともに同会を見学し「子どもに『生きる力』を身に付けさせてくれるに違いないと直感し『ここに入れたい』と思った」と振り返る。朝、親から離れるのが嫌で大泣きしていた我が子も3年間でたくましく成長。「娘も自然が大好き。青空保育に出合えて本当に良かった」と話す。

 ○…福島県出身。美術大学を卒業後、高校の美術教師として絵画や立体造形などを指導する。豊かな自然に惹かれ、鎌倉に転居したのは14年前。現在は鎌倉中央公園の景観や自然を守るため活動する「山崎・谷戸の会」に所属する。水彩画の作品が2011年、絵本画家の登竜門「ボローニャ国際絵本原画展」に入選するなど、その実力は高く評価されている。「今後は冒険物語などのジャンルも描いてみたい」と意気込んだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク