鎌倉版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

「ブックスペース栄和堂」閉店へ ビル建て替えで25日まで

文化

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
「人に恵まれた」と和田淳也さん(左)正則さん
「人に恵まれた」と和田淳也さん(左)正則さん

 深沢行政センターそばの「ブックスペース栄和堂」が10月25日(木)で閉店する。40年にわたって地域に親しまれた書店の跡地を「本を介して人と人がつながる場所」として活用し注目を集めてきたが、入居するビルの建て替えのため、3年でその歴史に幕を下ろすことになった。

 同店がある場所ではもともと、「栄和堂」という書店が営業していた。文房具や雑貨も取り扱い近隣住民を中心に利用されてきたが、2014年に店主が急逝し後継者もいなかったため閉店した。

 しかし15年11月、店主のおいにあたる和田淳也さんとその父・正則さんの手によって、栄和堂は「ブックスペース」として生まれ変わる。

 2人が目指したのは「書店としての『場の記憶』を生かし、本を介して人と人がつながる場」を作ることだった。

 そのため看板や床のタイル、本棚等はそのまま利用。書籍は利用者からの寄贈が中心で、販売や貸し出しはせず、読みかけの部分に「しおり」を挟むシステムにした。

 独特の空間は様々なアーティストに愛された。店内では音楽イベントや絵画・写真作品の個展をたびたび開催してきたが、その全てが主催者から「是非やらせて」とオファーがあったものだった。

 店長を務める淳也さんは「本当に偶然の連続で、人と人とのつながりが生まれていった。開店の時に目指した役割は、ある程度果たすことができたのでは」と振り返る。

 蔵書については、寄贈者から希望があり本人と照会できる場合は返却するという。詳細は【電話】0467・67・6814または【メール】info@eiwado.spaceへ。明日20日(土)は臨時休業となる。

鎌倉版のローカルニュース最新6

子育て世代の支援強化

【Web限定記事】

子育て世代の支援強化 社会

鎌倉市が「ネウボラすくすく」をスタート

4月10日号

余った食材を募集

【Web限定記事】

余った食材を募集 社会

子どもの食事支援活動に

4月10日号

景観重要建築物に指定

【Web限定記事】

景観重要建築物に指定 文化

旧三橋旅館の土蔵

4月10日号

「外出自粛、強く要請」

松尾市長

「外出自粛、強く要請」 社会

図書館、観光案内所が休止

4月10日号

編集室からお知らせ

パートナー制度相互利用開始

鎌倉、逗子、横須賀

パートナー制度相互利用開始 社会

4月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク