鎌倉版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

(公社)鎌倉市シルバー人材センターの理事長に就任した 栗原 義昭さん 七里ガ浜東在住 77歳

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena

老後も働く喜び感じて

 ○…高齢者が地域からの依頼を有償で請け負うシルバー人材センターの理事長に就任した。鎌倉市では約660人が登録。仕事は、植木の手入れや家事手伝い等の日常的なものから、ハチの駆除、鎌倉らしい発掘調査関係といった専門的なものまで幅広い。「就業は月10日程度という適正就業の基準や研修もあるので、安心して働ける。より多くの人に登録してもらいたい」

 ○…「第2の人生、家でボーっとしているよりも、人のために、生きがいづくりのために働こうと登録する人は多い。私自身もそうでした」とにこやか。同センターで働くこと14年。年間の依頼は、担当する植木班だけで約1800件にも上る。「周囲の人に感謝し、お客さんから感謝される仕事をという思いでやってきた」と充実した表情を浮かべる。

 ○…日本橋生まれ。空襲を避け、長野県の野尻湖のそばへ疎開。東京農業大学を卒業後、生産性の高い家畜等をつくる育種改良に没頭した。だが、研究所の封建的な風土が性に合わず、理科の教諭に転身し、25年にわたり教鞭をとった。現在はセンターの仕事の傍ら、自宅の庭いじりに精を出す。「最近の園芸店は珍しい品種も多く、覗くだけでも楽しい。自然や生き物が好きになったのは、幼少期を緑豊かな中で過ごしたおかげでしょうね」とほほ笑む。

 ○…目下の目標は会員拡大だ。「鎌倉はボランティア活動が盛ん。行動的な方に、シルバー人材センターで働くことも活動の選択肢に入れてもらえたら」。コロナ禍で依頼は一時激減したが、宣言解除後は堰を切ったように増加。「それだけ日頃から必要としてくれる人がいるということ。お客さんにも働く会員にも満足のいく環境づくりをしたい」

鎌倉版の人物風土記最新6

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

春吉 陽子さん

手話通訳士で10月から市長定例会見の同時通訳を担当する

春吉 陽子さん

山崎在住 41歳

11月6日号

荒 省三さん

鎌倉文学館のバラ園の維持管理を16年にわたって担当する

荒 省三さん

長谷在住 81歳

10月30日号

ひぐち かよさん

鎌倉警察署が企画した「詐欺退散」御朱印の絵を描いた

ひぐち かよさん

腰越在住 38歳

10月23日号

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク