鎌倉版 掲載号:2021年5月21日号 エリアトップへ

鎌倉インテル 県1部昇格へ3度目の挑戦 30日に今季開幕戦

スポーツ

掲載号:2021年5月21日号

  • LINE
  • hatena
5月11日に加入した内藤選手撮影:Kazuki Okamoto (ONELIFE)
5月11日に加入した内藤選手撮影:Kazuki Okamoto (ONELIFE)

 鎌倉を拠点に、将来的なJリーグ入りや国際人材の輩出をコンセプトに活動するサッカークラブ鎌倉インターナショナルFC(鎌倉インテル)が5月30日(日)、今シーズンの開幕戦を迎える。

 現在、神奈川県社会人リーグ2部に所属する同クラブ。昨シーズンは昇格決定戦で敗れるなど、過去2年はあと一歩のところで1部昇格を逃している。

 今シーズン同リーグは、30チームを10チームずつの3ブロックに分け、各チーム1回戦総当りで9試合を行い、各ブロックの1位による昇格プレーオフが行われる予定となっている。

 初戦の相手は大沢フットボールクラブで、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、時間や会場は非公開となっている。

 チームを率いるのは河内一馬監督(28)=人物風土記で紹介。南米の強豪国アルゼンチンで指導者として学んだユニークな経歴の持ち主で、チームのブランディング責任者(CBO)も兼務する。「勝ちにこだわって1部昇格を目指したい」と語る。

元Jリーガー加入

 頼もしい新戦力も加わった。5月11日に加入が発表されたミッドフィルダー内藤洋平選手は、桐光学園高校、立命館大学を経て京都サンガでプロとしてのキャリアをスタートさせた。

 2013年には、ギラヴァンツ北九州に移籍。19年シーズンは主将を務め、北九州をJ2昇格に導いている。

 技術はもちろん、J2、J3合わせて170試合以上に出場した豊富な経験と誠実な人柄で早くもチーム内の信頼を勝ち取っているという内藤選手。「鎌倉の皆様はじめまして。いよいよ昇格を目指す戦いの火ぶたが切って落とされます。鎌倉という素晴らしい土地に鎌倉インテルというサッカークラブがあること。ここにより多くの方が価値を見いだせるよう一歩ずつ歩みを進めたいと思います」とコメントを寄せた。

鎌倉版のローカルニュース最新6

落語で防犯呼びかけ

落語で防犯呼びかけ 社会

大船警察署員が自作口演

12月3日号

12人と2団体を納税表彰

鎌倉税務署

12人と2団体を納税表彰 社会

作文・標語も受賞者決まる

12月3日号

オンラインで共生サミット

オンラインで共生サミット 社会

鎌倉の取り組みなど共有

12月3日号

作曲家が語るバッハ

作曲家が語るバッハ 文化

6日応募締め切り

12月3日号

破魔矢作りが佳境

破魔矢作りが佳境 文化

鶴岡八幡宮

12月3日号

大河仕様のタクシー登場

大河仕様のタクシー登場 経済

KGグループが45台用意

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook