鎌倉版 掲載号:2021年6月4日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第111回〉 早春に芽吹く紫陽花

掲載号:2021年6月4日号

  • LINE
  • hatena
紫陽花の芽吹き
紫陽花の芽吹き

 鎌倉の6月と言えば、紫陽花の花です。北鎌倉駅近くの明月院、東慶寺など寺社の境内はもとより、鎌倉のここ彼処で育てられている紫陽花が6月になると一斉に花を咲かせます。

 因みに、鎌倉市の統計資料(鎌倉の延入込観光客数)によると、2019年6月には、延べ224万人強が鎌倉を訪れ、そのうち延べ86万人強が寺社を訪れました。今年は自粛が叫ばれており、明月院は6月の土日に閉門とのことです。

 その紫陽花は、冬の間は葉を落とし休眠しています。そして、暖かくなるにつれ紫陽花が眠りから覚め、若葉が芽吹きはじめます。薄茶色の枝先にワインカラーの芽が顔を出し、中からエメラルド色の小さな紫陽花の若葉が現れます。

 春の彼岸を過ぎるころには、若葉が力強く拡がってゆき、次第に紫陽花の枝全体が緑の葉に覆われてゆきます。

 ゴールデン・ウィークのころには緑の葉の奥に紫陽花のつぼみが現れます。今年は、例年よりもはやく花が開いたところもあるようです。5月末、明月院はすでに見頃を迎えており、東慶寺では、正面の石段脇の紫陽花はまだつぼみでしたが、境内の紫陽花は咲いていました。

 早春に芽吹いた紫陽花の若葉が刻一刻と広がってゆく一瞬を、カメラで切り取れば生命の息吹を感じることができるでしょう。写真は、2018年3月10日に円覚寺の境内で撮った紫陽花の芽吹きです。  三品利郎
 

鎌倉版のコラム最新6

鎌倉と荘園〜山内荘(やまのうちのしょう)〜

鎌倉のとっておき 〈第112回〉

鎌倉と荘園〜山内荘(やまのうちのしょう)〜

6月18日号

早春に芽吹く紫陽花

鎌倉のとっておき 〈第111回〉

早春に芽吹く紫陽花

6月4日号

頼朝挙兵の陰には?(三善氏)

鎌倉のとっておき 〈第110回〉

頼朝挙兵の陰には?(三善氏)

5月21日号

大寺院と天下取りの城づくり(二階堂氏)

鎌倉のとっておき 〈第109回〉

大寺院と天下取りの城づくり(二階堂氏)

5月14日号

鎌倉夏ごよみ〜水無月から〜

鎌倉のとっておき 〈第108回〉

鎌倉夏ごよみ〜水無月から〜

5月7日号

鎌倉の中の院政期文化〜勝長寿院跡〜

鎌倉のとっておき 〈第107回〉

鎌倉の中の院政期文化〜勝長寿院跡〜

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter