神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2021年10月8日 エリアトップへ

鎌倉インターナショナルFCアドバイザー兼スクールメインコーチ 神川 明彦さん 台在住 55歳

公開:2021年10月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

感じたら動く

 ○…2018年2月のある朝、ベッド上で眺めていたスマートフォンに驚きの情報が…。『鎌倉インターナショナルFC(インテル)が鎌倉にスタジアムをつくる』-。「飛び起きましたよ。地元に新しいサッカーチームができ、しかもスタジアムまで。本当かよって」。すぐに動いた。発信元のインテルとSNS上で連絡を取り、1週間以内にチーム責任者と対面。相手の本気度を確かめ、こう伝えた。「私にできることがあれば協力させていただきます」

 ○…それから3年半が経ち、インテルが計画した「みんなの鳩サブレースタジアム」が10月にオープンする。自身はチーム全体のアドバイザーと、小学生のスクールコーチに。「芝の上で思いっきりボールを蹴ってほしい。サッカー以外にも、地域の人たちが集う場所になっていけば」と期待に胸を膨らます。

 ○…市内小町出身。兄の背中を追い、小学2年からサッカーを始めた。おなりレパーズ、御成中で努力を重ね、鎌倉高で花開いた。フォワードなどでレギュラーだった2年時、同校史上初となる正月の全国高校サッカー選手権出場を果たした。

 ○明治大で現役を終え、指導者に。明治大監督時代には、当時1年だった現日本代表の長友佑都選手を、中盤から今のサイドバックへコンバート。周囲は反対したが、「1対1の強さ、直線の走力などユウトの良さが生きると思った。でも、まさかここまでになるとは」と笑みがこぼれる。J3の監督も経験し、現在はなでしこリーグ・スフィーダ世田谷FCの指揮官を託される。

 ○…指導法を問うと、「サッカーって難しいんですよ。だから、少しでも『できた』ことに目を向けたい」と話す。「最後は地元で」との思いを胸に鎌倉を盛り立てる。

鎌倉版の人物風土記最新6

田村 遥香さん

インターハイ・陸上競技の800mと1500mに出場する

田村 遥香さん

岡本在住 18歳

7月19日

山下 圭子さん

ドナー経験者として7月12日の献血&骨髄ドナー登録会(市役所)に協力する

山下 圭子さん

材木座在住 57歳

7月12日

雨宮 正明さん

鎌倉市市民活動センターのセンター長に就任した

雨宮 正明さん

材木座在住 65歳

7月5日

林 亮太さん

鎌倉ライフガードで海水浴場のマネジャーを務める

林 亮太さん

逗子市在住 35歳

6月28日

菅野 匠吾さん

学生団体「ニューコロンブス」の船長を務める

菅野 匠吾さん

西御門在住 20歳

6月14日

川又 聡さん

日本画家として鎌倉市観光協会の納涼うちわを描いた

川又 聡さん

二階堂在住 45歳

6月7日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook