鎌倉版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

セーリングの後進育成へ 五輪7位・外薗潤平選手

スポーツ

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena
応援メッセージのボードを持つ外薗選手(右)
応援メッセージのボードを持つ外薗選手(右)

 東京五輪・セーリング男子470級に出場し、7位に入賞した外薗(ほかぞの)潤平選手(30・市内在住)が10月26日、松尾崇市長を表敬訪問した。外薗選手は「今後はマリンスポーツの普及や後進の育成に力を入れたい」と話した。

 外薗選手は「市長をはじめ多くの市民の方から応援していただいた。感謝している」とあいさつし、松尾市長は「7位入賞おめでとう。外薗選手の活躍は市民にとってもうれしいニュースだった」とコメントした。続いて、市役所が募集した市民からの応援メッセージが書かれたボードをプレゼント。外薗選手は「とてもうれしいです」と笑顔で受け取った。

 外薗選手は、五輪を振り返り、「特別な大会だった。思った通りの結果ではないが、満足している」とし、印象に残ったシーンに「最後の決勝のレース。ボランティアや関係者が国旗や手を振って応援してくれたこと」をあげた。

 鹿児島県生まれ。小学生の時は相撲、中学では陸上に熱中。ヨットとの出会いは高校生になってから。「これまでと違うスポーツをしてみたかった」と、それまで存在を知らなかった『ヨット部』の門を叩いた。元々、海が好きなこともあり、すぐにヨットの魅力に惹かれた。「風を捕まえて自然と一体になる感覚がたまらなく好き」とヨットの魅力を話す。

裾野を広げたい

 五輪のため、生活の拠点を3年前に腰越に。店舗などが応援の張り紙を掲示してくれたり、道で声を掛けられたりして励まされた。

 五輪後、大会には出場するものの、第一線から退く。所属していた会社も辞め、鎌倉市内でコーチ契約したウインドサーフィンの選手を教える。「子どもたちにマリンスポーツの楽しさを伝えて、裾野を広げたい。そういう機会を作れれば」と語った。

鎌倉版のトップニュース最新6

「鎌倉全域を楽しんで」

鎌倉農泊協議会

「鎌倉全域を楽しんで」 経済

スタンプラリーなど実施

1月21日号

改修工事し文化財保存

材木座公会堂

改修工事し文化財保存 社会

100年先を見据え

1月21日号

コロナ感染、前週比9倍に

コロナ感染、前週比9倍に 社会

鎌倉でも年明け急増

1月14日号

「鎌倉殿の13人」スタート

「鎌倉殿の13人」スタート 社会

コミカルな中に凄惨さ

1月14日号

北条氏の軌跡をたどる

歴史文化交流館

北条氏の軌跡をたどる 文化

企画展「伊豆から鎌倉へ」

1月7日号

1596人が新成人

1596人が新成人 社会

今年のテーマは「紡」

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook