鎌倉版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

鎌倉を拠点に活動する「ビューティークリエイター」 TAKAKOさん 浄明寺在住

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena

人生は楽しむためにある

 ○…50代となった今もなお、楽しむことを追求している。「年齢はただの数字。何歳になったからこうしなきゃとかはない。私のエネルギー年齢はまだ20歳ぐらい」と表情に一点の曇りもない。美容業界で「ビューティークリエイター」として名を馳せ、さらに「来年は大きなことをやる」と野望を秘める。

 ○…自身が手掛けるメイクは、色彩感覚が高く評価された。美容業界の巨匠や編集者、写真家に「直すところがない」とまで言わしめた。20歳でニューヨークへ渡り、磨き抜いた感性を武器に仕事に邁進し、ハリウッドスターから指名されるメイクアップアーティストに。帰国後、厚塗りメイクが流行中の日本で、ニューヨークスタイルの透明感あふれるツヤ肌は『ツヤ肌革命・愛されメイク』と脚光を浴びた。

 ○…美容業界の第一線で活躍するまでを振り返ると、「母の存在が大きかった」と話す。名古屋で過ごした幼少期、母が与えてくれた本は女性誌「anan(アンアン)」だった。学校に提出する工作の装飾も、新聞紙やチラシではなく、女性誌の見栄えがするページを切り貼りした。運命が動いたのは16歳。「視野を広めた方がいい」と両親に勧められたヨーロッパ一周旅行に1人で参加し、ロンドンのファッションに魅了された。高校卒業後はヘア&メイクを学ぶため渡英し、夢はニューヨークへとつながる。「母はデザイナー志望だったので、夢を託されていたのかな」と感慨深げに語る。

 ○…2年前からオフィスを構える浄明寺。毎朝、スマホアプリ「吉方位取り」で運気のいい方角にある寺社などを訪れ、気を高める。「ご機嫌よく生きたいですね」。目下の夢は、鶴岡八幡宮の「ぼんぼり祭」に出品することだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 久和さん

鎌倉インテルの総合型地域スポーツクラブの代表を務める

石井 久和さん

大磯町在住 44歳

5月20日号

永井 健一さん

4月から鎌倉芸術館の館長を務める

永井 健一さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

藤原 大さん

5月末までの「江の島国際芸術祭」で総合監督を務める

藤原 大さん

県内在住 56歳

4月29日号

栗山 聖さん

鎌倉インテルの主将を務める

栗山 聖さん

大船在住 24歳

4月22日号

小川 貴司さん

湘南モノレール(株)の社長に就任した

小川 貴司さん

東京都在住 56歳

4月15日号

佐藤 公美さん

地域と連携する「MUJIcomホテルメトロポリタン鎌倉」の店長を務める

佐藤 公美さん

横浜市在住 38歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook