鎌倉版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

4月から鎌倉芸術館の館長を務める 永井 健一さん 横浜市在住 60歳

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena

ずっと音楽とともに

 ○…「玄関へと続く道が『段葛』、その両サイドの棟が『山』、そしてエントランスの奥には『竹林』。まるで鎌倉の街並みのようだ」。今年度から鎌倉芸術館の館長を務める。同館の指定管理者が、16年ぶりに(公財)鎌倉市芸術文化振興財団に戻り、4月1日の引継日に向けて約3カ月準備を進めてきた。「館長就任初日にして一番の大仕事だった」と話すのが、毎月1日に行う施設利用のWEB抽選。ホームページの運用が替わり、不具合でネットが使えないことも想定して割り箸を用意。原始的な抽選方法も念頭に置いた。実際には割り箸の出番はなく、無事に再出発を切った。

 ○…母親の影響で幼少期からクラシックをよく聴いた。特に、「苦難を乗り越えて歓喜となる」ベートーベンの曲調に魅了され、作曲家への道を志す。高校では鎌倉学園に入学し、音楽大学を目指して勉学に励んだ。

 ○…しかし大学進学の進路相談により、上智大学の一般学部への入学を決意。音楽とは一時かけ離れていたが、入学して混声合唱団に出会う。声楽やオペラの世界にのめり込み、イタリア・ミラノにも3年間留学。納得いくまでスキルを磨き続けた。その後、(公財)神奈川芸術文化財団の職員となり、コンサートのプロデューサーなどを経験。定年を機に鎌倉市の財団に移り、ずっと音楽と関わってきた。

 ○…同館は来年で創立30年を迎える。「館内がきれいで、大切に使われてきたのだと感じている」。今後は施設運営に留まらず、「芸術の良さや魅力を伝えるために、学校などに出向くアウトリーチやワークショップを計画したい」と話す。芸術館としての機能を保ちつつ、文化や歴史が身近にある鎌倉らしい事業展開を目指していく。

鎌倉版の人物風土記最新6

今井 恵莉花さん

第25代ひょうたん娘に選ばれた

今井 恵莉花さん

市内在住 22歳

7月1日号

齋藤 克希さん

一般社団法人サステナブル推進協会「NAMIMATI」を発足する

齋藤 克希さん

稲村ガ崎在住 24歳

6月24日号

五味 俊哉さん

60周年を迎えた鎌倉交響楽団のコンサートマスターを務める

五味 俊哉さん

岩瀬在住 53歳

6月17日号

白井 正和さん

第64回鎌倉市陸上競技選手権大会の一般男子5000mで優勝した

白井 正和さん

植木在住 55歳

6月10日号

野口 満一月(みつき)さん(本名:磯部浩子)

鎌倉市観光協会の「納涼うちわ」を デザインした

野口 満一月(みつき)さん(本名:磯部浩子)

梶原在住 56歳

6月3日号

向井 洋さん

大船警察署の署長に就任した

向井 洋さん

大船在住 53歳

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook